記事

週刊文春編集長・新谷学に公開討論を要求する

産経新聞のコラムを見て驚愕した。

花田紀凱が週刊文春の「山尾志桜里 一泊二日一緒に大阪出張」の見出しを丸のみして、「むろん倉持弁護士と」と書いている。
百田尚樹は「むき出しの性欲に屈した」と言っているそうだ。

花田や百田は、倉持麟太郎が「ゴー宣道場」の師範であり、山尾志桜里がゲストで登壇しただけという事実を、なぜ無視するのか?

「ゴー宣道場」を見学したこともある花田なら、週刊文春にわしの顔も名前も出ているのだから、わしの証言も目を通しただろう。

それでも山尾・倉持が、二人で、一泊二日の、大阪旅行をしたかのように「印象操作」された記事の真偽を見抜けないのか?

週刊文春の「印象操作」を、わざと真に受けたふりをして、既成事実化してしまえと考えているのか?
あまりに無茶苦茶な名誉棄損である!

ネタ元が週刊文春のデマ記事なのだから、やはり編集長の新谷学の責任を問わねばなるまい。

[画像をブログで見る]

新谷学編集長は小林よしのりと公開生中継で、この記事について、対決すべきである。

キャップの赤石晋一郎にも公開対決を求めたのだが、怯えて逃げるのだ。
ならばここは編集長・新谷学との公開対決を要求したい。

ニコニコ生放送で場を用意してくれないものか?
中立な場でなければ、向こうも出て来ないだろう。
なんなら、週刊文春が持つ生放送の場に、わしが赴くのもいいだろう。

わしは何も恐れない。
匿名に隠れてデマを流す卑怯者とは違うからな!

あわせて読みたい

「週刊文春」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ後の日本は失業者増えるか

    ヒロ

  2. 2

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  3. 3

    コロナでトランプ惨敗説が急浮上

    WEDGE Infinity

  4. 4

    給付金寄付の強制は「責任転嫁」

    非国民通信

  5. 5

    米の中国批判に途上国はだんまり

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  6. 6

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  7. 7

    テラハ演者 陰湿さ増す悪魔構造

    女性自身

  8. 8

    マイナンバー遅れで残る利権構造

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    重症者少ないアジア 人種要因か

    大隅典子

  10. 10

    百恵さんの配信解禁 若者も絶賛

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。