記事

IS最後の拠点の奪還(イラク)

イラク軍は17日rawah 郡を完全い奪還したと発表しました。
イラク政府の内相は、イラク軍等がアンバール県の西で、最後に残ったISの拠点rawah 市とその郡一帯を奪還し、軍事的にはISのイラクにおける存在は終了したと発表しました。

アバディ首相も同様にrawahの奪還を発表し、これからイラク軍等はシリア国境方面にかけての、西部砂漠地帯の掃討作戦を続けると語った由。

今後のイラク軍等の任務は、砂漠地帯の掃討と合わせて、シリア国境を固めて、、シリアからの過激派の流入を防ぐことになる由。

また国会議長もイラクは統一を回復したが、今後ともISとの戦いは続く見込みで(ゲリラ戦とかテロ)、困難な戦いになろうとした由。

シーア派民兵も、近くrawah から撤収し、今後はシリア国境地帯の掃討と国境の警備強化にあたるとした由。

http://www.aljazeera.net/news/arabic/2017/11/17/العراق-يستعيد-راوة-ويعلن-نهاية-تنظيم-الدولة-عسكريا

http://www.alquds.co.uk/?p=828386

http://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/iraq/2017/11/17/العراق-عملية-استعادة-قضاء-راوة-ستنطلق-خلال-ساعات.html

上記の通り、軍事的にはイラクのISは完全に制圧され、今後はそのテロやゲリラ活動が問題になりますが、先日あったシーア派の最大の行事であるアルバイーンの行事でも、どうやら大きなテロは皆無だったようで、もしかするとイラクの治安は大幅に改善しつつあるのかもしれません。当然ながら歓迎すべき動きです。

あわせて読みたい

「イラク」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国ダム決壊危機 世界的影響も

    郷原信郎

  2. 2

    トヨタ超え テスラCEOの不気味さ

    片山 修

  3. 3

    児童レイプめぐる米国のダブスタ

    Rolling Stone Japan

  4. 4

    松坂大輔が離脱へ 晩節汚すのか

    WEDGE Infinity

  5. 5

    新型コロナで勝ち組になった企業

    ヒロ

  6. 6

    感染拡大の裏に軽率さ 医師警鐘

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    次期首相の資質に「もらい泣き」

    NEWSポストセブン

  8. 8

    「東京差別」で社会構造変わるか

    にしゃんた

  9. 9

    コロナ楽観予測報道はミスリード

    勝川 俊雄

  10. 10

    米中ハイテク争いで復活する日本

    武者陵司

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。