記事

【ウォルマート】、アマゾン追撃のシームレス&IT化で集客数が過去8年で最大の伸び!

リンク先を見る
トップ画像:ウォルマート・ピックアップタワー。ピックアップタワーに近づくと操作窓が自動で開き、ピックアップ用に送られてきたバーコードをスクリーン横にある赤外線センサーに近づけるように指示される。センサーも視界の範囲にあり、直感的に分かりやすい。スキャンすると間もなく注文品が目の前に出てくるのだ。その間、わずか5秒程度なので、どこから出てくるのかなど考える時間さえ与えない。まさにフールプルーフだ。

■ウォルマートが16日発表した第3四半期(8月〜10月期)決算は、好調なEコマースが高い成長を維持し、国内の既存店ベースが過去8年で最高の伸びを記録した。一方で、粗利を押し下げたことで大幅な減益となった。会員費等を含む総売上高は4.2%増となる1,231.8億ドル。食品売上の伸びが成長を支えた。純利益は前年同期から42.4%減となる17.5億ドルとなった。EコマースなどITへの投資が圧迫し、債務償却などに絡む損失計上も利益を圧迫した。

 売上高の約6割を占める国内のスーパーセンターやディスカウントストアなどウォルマートUSの売上高は777.3億ドルと前年同期比4.3%の増加だった。ウォルマートUSの既存店・売上高前年同期比(ガソリン販売は除外)は食品売上が伸びていることで2.7%の増加となった。国内の既存店ベースは2009年2月〜4月期の3.6%増以来となる高い伸びとなった。これによりウォルマートUSの既存店ベースは13四半期連続で前年を上回ったことになる。

内訳は客単価が1.2%増加し、客数が12四半期連続プラスとなる1.5%の増加となった。また取扱品目数が7,000万品目(前期は約6,700万品目)以上に達しているEコマースは売上高が前年同期比50%増となり、前期の同60%増からは若干、伸びが鈍化したものの依然として高い成長を維持している。

Eコマースの取引総額(GMV:Gross Merchandise Volume)は54%の増加だった(前期は63%の増加)。Eコマースの拡大は、35ドル以上の買い物をすれば年会費無料で2日間配送サービスの「無料2日間シッピング(FREE 2-Day Shipping)」に、Eコマースでラスト・ワン・マイルのコスト節約分を顧客に還元する「ウォルマート・ピックアップ・ディスカウント(Walmart Pickup Discount)」が寄与している。ウォルマートは今年に入ってEC企業のモドクロスやシューバイ、ムースジョー、ボノボスを買収している。

 また、スキャン&ゴーを昨年9月末、全店に展開したサムズクラブの既存店ベース(ガソリン売上除外)も2.8%の増加となった。サムズクラブの既存店ベースのプラスは7四半期連続となっている。なおハリケーン関連の売り上げによる押し上げ効果で既存店ベース集客数は3.6%の増加となっている。

ウォルマート第3四半期(8月〜10月期)
総売上・前年同期比:4.2%増
純利益・前年同期比:42.4%減
既存店・売上高前年同期比:2.7%増(ウォルマートUS事業部)
ウォルマート店舗数(17年9月11日)
アメリカ国内店舗数(ウォルマートUS):4,699店
スーパーセンター:3,538店
ネイバーフッドマーケット:701店
ディスカウントストア:412店
小型店など:48店
サムズクラブ:653店

海外店:6,369店

総店舗数:11,721店

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。IT製品やサービスを提供する企業に関わらず、起業はいかに「フールプルーフ(fool proof)」を提供できるかで競っています。フールプルーフとは利用者が誤った操作をしても危険な状況を招かないように、もしくは誤った操作をさせないようにと、配慮してデザインすることです。要するにフールプルーフとは、フール(fool:アホ)でも簡単に操作できるようにすること。

ウォルマートは今、新規出店よりもシームレス化にかなりの投資を傾けています。ウォルマートのピックアップタワーの事例がまさにフールプルーフです。ネットで注文した商品をピックアップタワーで受け取るのですが、操作はいたってシンプル。ピックアップタワーに近づくと操作窓が自動で開き、ピックアップ用に送られてきたバーコードをスクリーン横にある赤外線センサー?に近づけるように指示されます。スキャンすると考える間もなく商品が出てくるのです。その間、わずか5秒程度。

 ピックアップタワーを視察するだけでも、シームレス&IT化によりウォルマートの集客数が過去8年で最大の伸びとなったのも理解できます。

あわせて読みたい

「ウォルマート」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本がBTSを利用 反日団体が見解

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    マイナンバー3年目も普及進まず

    週刊金曜日編集部

  3. 3

    山尾志桜里氏の改憲案はズレズレ

    猪野 亨

  4. 4

    BTS謝罪 自民議員「今後に注視」

    和田政宗

  5. 5

    橋下氏 靖国より陸軍墓地を見よ

    橋下徹

  6. 6

    ソフバン上場 東証悩ます危うさ

    山口利昭

  7. 7

    徴用工 訴状に日本企業が困惑

    NEWSポストセブン

  8. 8

    「イッテQ!」疑惑 全祭りを検証

    NEWSポストセブン

  9. 9

    イッテQで失った視聴率3冠の信用

    女性自身

  10. 10

    BTS炎上 思想なき浅はかさが原因

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。