記事

米10月鉱工業生産は半年ぶり大幅増、ハリケーン関連盛り返す

[ワシントン 16日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)が公表した10月の鉱工業生産指数は、ハリケーン「ハービー」「イルマ」の被害を受けた産業の復旧が進むなか0.9%上昇し、伸びは市場予想の0.5%を上回るとともに、今年4月以来半年ぶりの大きさとなった。

9月分は0.4%上昇にやや上方修正され、第3・四半期分の前年比も前回公表(1.5%低下)から0.3%低下に上方修正された。

ウエルズファーゴ証券のシニアエコノミストは「経済環境に明るさがみられるなか、米製造業は今後数カ月、ゆっくりながら着実な改善が続く見込みだ」と述べた。

各産業が操業を再び本格化させる中、ハリケーンに伴う影響は鉱工業生産全体の変化に対し0.60%ポイント寄与した。

製造業生産は1.3%増と大幅に伸びた。9月分は0.4%増に上方修正された。製造業は全米の経済活動の約12%を占めるが、ドル安や世界経済の上向きなどが支えとなっている。

一方、10月初旬にメキシコ湾岸を襲ったハリケーン「ネイト」の影響で石油・ガスの掘削が減少したことから、鉱業生産は1.3%落ち込んだ。

設備稼働率は0.6%ポイント上昇し77.0%。前月分は76.4%に上方修正された。製造業の設備稼働率は0.9%上昇し76.4%と、2008年5月以来の高水準を記録した。

*内容を追加します。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  3. 3

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  4. 4

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  5. 5

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  7. 7

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  8. 8

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    8割が遭遇する中年の危機に注意

    NEWSポストセブン

  10. 10

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。