記事

斉藤章佳『男が痴漢になる理由』

1/2

男が痴漢になる理由

 これまでの人生において、ぼくの知り合いの中で、痴漢で逮捕されて職を失った人が2人いる。

 一人は、電車で女子高生に痴漢をして逮捕された。

 もう一人は、女性のスカートの中を盗撮して逮捕された。

 どちらも大卒えせ文系インテリみたいな感じの人で、そういう属性がぼくによく似ていた。

 本書を読んだ時、痴漢の一つの典型的なタイプとして「四大卒、会社員、妻子あり」が挙げられていて、他人事じゃねーなと思った。

特に痴漢は、いってみれば“平凡”な人ばかりです。両親から愛情を受けて特に不自由なく育ち、四年制大学を卒業して就職し、結婚して子どももいる男性。 外見的にも、ごく平凡。ナヨッとした線の細いタイプで、一見すると女性に乱暴をしそうにない人も少なくありません。 ゆえに妻も、両親や子どもも、会社 の同僚や友人たちも、彼が毎日のように通勤中に痴漢行為で女性を傷つけているとは夢も思わない──これがリアルな“痴漢パーソナリティ”です。

(斉藤章佳『男が痴漢になる理由』 (Kindle の位置No.301-306). イースト・プレス. Kindle 版、強調は引用者)

 「性欲が強いけどモテない男性」といった痴漢イメージは的外れだと、斉藤は指摘する。

 痴漢の本質は、「性欲解消」ではなく、「支配欲」だと斉藤は述べる。

痴漢には自尊心が低いタイプが多いく*1います。そういう者ほど人との関係で優位性を獲得することができれば、求めていた“心の安定”を得られやすいのです。これこそが、痴漢が求めているもの。痴漢行為の本質は支配欲にあり、それを満たせると感じているからこそ、彼らはこの行為に溺れます。

(前掲書、Kindle の位置No.747-750)
「男性の支配欲がすべての性犯罪の基盤になっている」──そういい換えても いいでしょう。 (前掲書、Kindle の位置No.754-755)

 斉藤は、「男性は女性より上に立つ存在だ」という意識が多くの男性には潜んでいるとし(斉藤自身にもある、という)、常に人との関係で優位性を保てていないと不安定になるパーソナリティの持ち主がいて、そうした人たちが、この歪みをもち、会社でのストレスなどを背景にして、何かのことを引き金にして痴漢を初めて依存してしまう……というパターンを描いている。

 斉藤によれば、男性に自殺が多いように、ストレス対処法(ストレス・コーピング)が男性の場合選択肢をあまり持たない人が多く、それが痴漢という形に結実してしまう「原因」でもあると見ている。

 ここまでは、ぼくの中にもこうした痴漢との共通の因子があることを自覚させられる部分である。

 ただ、痴漢と自分との間に溝があるのではないかと思ったのは「人は何をきっかけに痴漢行為に目覚めるのか」の節だった。

 この節では例えば偶然で女性の体に接触をしてしまうことが「きっかけ」の一つで、そこで女性がさして嫌がらなかったという「学習」によって次に踏み出してしまう……というケースが挙げられている。

 他人の痴漢行為を目撃し、女性がさして気にするふうもなく電車を降りていくのを見て、「成功教訓」として俺にもできるのではないかと感じるというケースも示されている。

 斉藤も

仮にそれが刺激的な体験になったとしても、ほとんどの男性はそこから痴漢行為をはじめません。

(前掲書、Kindle の位置No.603-604)
けれど、一部の男性はそこに“メリット”を感じ、常習的な痴漢行為へと発展 していきます。逮捕されれば仕事も家族も社会的信頼もすべて失うかもしれないという、彼らにとってのリスクをはるかに上回るものがそこにあるからこそ、 この性的逸脱行動にのめり込むのです。(同前、Kindle の位置No.604-607)

としているように、多くの男性はそこを越えないし、越えようとする男性も(被害女性のことを考えてではないが)リスクのことを考えて思いとどまるのが大半のように思える。

あわせて読みたい

「痴漢」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  5. 5

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  6. 6

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

  7. 7

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    TBS番組が伊藤健太郎逮捕で誤報

    女性自身

  9. 9

    任命拒否 提訴できず手詰まりか

    文春オンライン

  10. 10

    相次ぐ「GoTo外し」観光庁に疑問

    木曽崇

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。