記事

任天堂、「スーパーマリオ」映画化へ 米社と合意間近

1/2
 任天堂は人気ビデオゲーム「スーパーマリオブラザーズ」のアニメ映画制作を巡り、ハリウッドの映画スタジオ、イルミネーション・エンターテインメントと協議しており、合意に近づいている。関係筋が明らかにした。

 人気キャラクターのマリオとルイージが実際に映画のスクリーンに登場すれば、ハリウッドの大手スタジオが結ぶライセンス契約としては数年ぶりの大型案件となる。

 任天堂は多数の人気ゲームキャラクターを有しているが、1993年以降、テレビや映画など、映像化を巡る合意は結んでいない。同年に公開された「スーパーマリオブラザーズ」実写映画の興行成績がふるわなかったことが背景にある。その後の映画関連の取り組みは、系列会社が手掛けた「ポケモン」ゲーム関連の子供向け映画のみだ。

 任天堂の人気キャラクターのハリウッド進出の話はこれまでも浮上したことがあるが、近年ではマーベルのスーパーヒーローなど、一般によく知られたブランドが登場するフランチャイズ映画が世界的に人気を集めており、こうした状況も後押ししているとみられている。

 別のハリウッドスタジオも過去に、スーパーマリオの放映権を求めた、と関係筋は明かしている。

関係筋によると、クリエイティブ面で、任天堂がどの程度関与できるかが、交渉の焦点になったもよう。スーパーマリオの生みの親として知られる宮本茂氏が交渉に関わっており、おそらく映画のプロデューサーになる見込みという。

あわせて読みたい

「マリオ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ氏の「圧力」に応じない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    又吉直樹の新作に直木賞作家驚き

    BLOGOS編集部

  3. 3

    「親日本」が韓国に与えた納得感

    WEDGE Infinity

  4. 4

    なぜ匿名? 二宮結婚報道の異常さ

    山下雄平

  5. 5

    日本と同じく滅びゆくアジアの国

    永江一石

  6. 6

    赤字のソフバンに厳しい海外報道

    飯田香織

  7. 7

    桜を見る会中止は利益相反の問題

    岩田健太郎

  8. 8

    桜を見る会 退陣論出ない不思議

    田中龍作

  9. 9

    桜を見る会は総選挙に影響するか

    やまもといちろう

  10. 10

    パレード翌日休む新聞の古い体質

    笹川陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。