記事

新型の大国関係とは

 トランプ大統領の東アジア歴訪は、まず日本、韓国、そして中国の順番だった。個人的親密度を競った歴訪だったが、戦略的には習近平氏との関係が最も緊密であったかも知れない。安倍総理と文在寅大統領とは、北朝鮮にどう向き合うかが中心議題となり、それはそれとして重要な合意を得ることができたが、中国とは正に世界をどうするかという、基本的な議論が展開された点で注目される。

 習近平氏は「広大な太平洋は中国と米国を包含するに十分な広さを持っている」と述べ、太平洋の東側は米国、西側は中国が統治するという中長期的な戦略を、暗に示唆したものだ。オバマ前大統領は習氏の同様な発言を遮ったが、トランプ大統領は黙って聞いていたという。

 正に世界の東側を中国、西側を米国が取り仕切ることを、トランプ大統領が半ば認めた形となった。28兆円の米国企業の大型受注というお土産をもらいながら、南シナ海の海洋法を無視した中国の開発を認めたかに思える。

 西太平洋の一角を占め、米国と強力な同盟関係を結んでいる日本としては、米中で勝手に太平洋を仕切られては堪らない。このような「新型の大国関係」に対して、我が国はもっと毅然とした態度でものを申していかなければならないのではないだろうか。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  2. 2

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  3. 3

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  4. 4

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  5. 5

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  6. 6

    感染者4000人超に マスコミは五輪報道からコロナによる医療崩壊報道に切り替えるべき

    早川忠孝

    07月31日 17:57

  7. 7

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  8. 8

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  9. 9

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  10. 10

    「彼らを誇りに思う」アイリスオーヤマ会長が感激した"クビ覚悟"という社員の行動

    PRESIDENT Online

    07月31日 14:54

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。