記事

読解力に関してはバリアフリー社会なんで

教科書の文章、理解できる? 中高生の読解力がピンチ(朝日新聞)

 教科書や新聞記事のレベルの文章を、きちんと理解できない中高生が多くいることが、国立情報学研究所の新井紀子教授らの研究グループの調査で分かった。新井教授は「基礎的な読解力がないまま大人になれば、運転免許や仕事のための資格を取ることも難しくなる」と指摘している。

 調査の名称は「リーディングスキルテスト」。教科書や新聞記事などの文章を読んでもらい、意味や構造を理解できているかを調べる内容で、2016年4月から今年7月にかけて、中高生を中心に全国で約2万4千人が受けた。問題は、コンピューターで受験者ごとに無作為に出題した。

 その結果、例えば「メジャーリーグ選手の出身国の内訳」に関する中学校の社会科教科書の文章を読み、内容に合うグラフを正しく選べた中学生は12%で、高校生も28%にとどまった。文章には「選手のうち28%はアメリカ合衆国以外の出身」とあったが、四つのグラフの中から「72%がアメリカ合衆国出身」という事実を示すものを選択できない生徒が多かった。

 ……とまぁ、こんな調査結果が新聞に載りまして、それなりの話題にもなったようです。しかし「中高生の読解力がピンチ」や「教科書や新聞記事のレベルの文章を、きちんと理解できない中高生が多くいる」云々とはミスリーディングではないかな、とも思います。なにせ文章を理解できないという点では、会社で偉そうな顔をしているおじさんおばさんも大差ないですから。

 案の定、調査対象になったのは中高生が中心とのことで、あくまで絶対評価である、他の年代や過去の同世代と比べてのものではないことが分かります。人類は文明発祥以来、「今時の若い者は~」と世代を超えて語り継いできましたが、どうしたものでしょう。ともすると、近年の中高生の読解力が低下しているように受け止められかねない記事です。しかし、昔の中高生も、現代の「社会人」も、そんなに差はあるのかな、と思うわけです。

 まぁ調査に基づくものではなく個人的な体験でしか語れないのですが、少なくとも私が働いたことのある職場なら、上記引用元で例示されているような文章が読める人は間違いなく少数派です。下っ端の話ではなく、役員クラスでも、ですね。「基礎的な読解力がないまま大人になれば、運転免許や仕事のための資格を取ることも難しくなる」などと語る大学教授もいるようですが、文章なんて読めない人でも普通に免許は取得できている、職場でも地位を得ている気がします。

 そもそも、我々の社会で読解力が問われる場面は多くないはずです。例えば「若者の学力が低下している」「読書量が減っている」等々と嘆息してみせる人がどれほど増えたところで、いざ就職しようとなると問われるのは「コミュニケーション能力」一本槍だったりします。あるいは一定のネームバリューのある大学を卒業していることが求められたとしても、結構な難関大学にもかかわらず推薦で潜り込めたり、ごく僅かな教科数だけの試験で済んだりもします。読解力に障害を抱えていたとしても、結構なんとかなるように我々の社会は出来ているのではないでしょうか?

 言うまでもなく、希少な読解力の持ち主であったとしても、それで権力者になれたりはしません。むしろ「力」を持つのは多数派であることの方であり、「文章が読めない」人が多数派であるのならば、問題になるのは読解力の不足ではなく、「文章が悪いからだ」ということになります。わかりにくい文章を書く方が悪い、改めるべきは書く側である、そうなっていくものであり、必ずしも読解力のない側が責めを負うものではありません。

 部下が書いた文章を上司が理解できない、それは至って日常的な光景ですが、この場合は部下の書いた文章がわかりにくいことに問題があると見なされます。逆に上司が書いた文章を部下が理解できなければ、もちろん部下が悪いと見なされますが――往々にして「理解できない」部下は一人二人ではなかったりします。大半の人間が上司の文章を理解できず、陰で「何を言いたいのか分からない」と陰口をたたいて盛り上がっている、これもまた(少なくとも私の勤務先では)日常の光景です。

 とりあえず自身の体験から知る限り、読解力よりも権力関係の方が大事なようです。偉くなれば読解力などなくとも大丈夫、あくまで悪いのは文章を書いた人の方なのです。自分の立場を強くすることさえ出来れば、読解力に不足があっても会社では活躍できます。そして上司の書いたものが理解できなくても、同様に理解できない人は周りにたくさんいるわけです。読解力に問題があっても、あなたは一人ではありません。この世界は読解力に欠ける人間で構成されている、読解力がなくても生きていけるように出来ています。

あわせて読みたい

「若者」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    賭け麻雀苦言の労連トップが朝日

    和田政宗

  3. 3

    外国人選手が逮捕 試合なく薬物

    阿曽山大噴火

  4. 4

    慰安婦団体 真の目的は日韓分断

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    安倍首相の言葉と行動大きく乖離

    畠山和也

  6. 6

    森法相の迷走 元凶は安倍首相

    猪野 亨

  7. 7

    布マスクは金の無駄 飛沫防げず

    諌山裕

  8. 8

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  9. 9

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  10. 10

    誹謗中傷の規制急ぐ政治家を危惧

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。