記事

読解力に関してはバリアフリー社会なんで

教科書の文章、理解できる? 中高生の読解力がピンチ(朝日新聞)

 教科書や新聞記事のレベルの文章を、きちんと理解できない中高生が多くいることが、国立情報学研究所の新井紀子教授らの研究グループの調査で分かった。新井教授は「基礎的な読解力がないまま大人になれば、運転免許や仕事のための資格を取ることも難しくなる」と指摘している。

 調査の名称は「リーディングスキルテスト」。教科書や新聞記事などの文章を読んでもらい、意味や構造を理解できているかを調べる内容で、2016年4月から今年7月にかけて、中高生を中心に全国で約2万4千人が受けた。問題は、コンピューターで受験者ごとに無作為に出題した。

 その結果、例えば「メジャーリーグ選手の出身国の内訳」に関する中学校の社会科教科書の文章を読み、内容に合うグラフを正しく選べた中学生は12%で、高校生も28%にとどまった。文章には「選手のうち28%はアメリカ合衆国以外の出身」とあったが、四つのグラフの中から「72%がアメリカ合衆国出身」という事実を示すものを選択できない生徒が多かった。

 ……とまぁ、こんな調査結果が新聞に載りまして、それなりの話題にもなったようです。しかし「中高生の読解力がピンチ」や「教科書や新聞記事のレベルの文章を、きちんと理解できない中高生が多くいる」云々とはミスリーディングではないかな、とも思います。なにせ文章を理解できないという点では、会社で偉そうな顔をしているおじさんおばさんも大差ないですから。

 案の定、調査対象になったのは中高生が中心とのことで、あくまで絶対評価である、他の年代や過去の同世代と比べてのものではないことが分かります。人類は文明発祥以来、「今時の若い者は~」と世代を超えて語り継いできましたが、どうしたものでしょう。ともすると、近年の中高生の読解力が低下しているように受け止められかねない記事です。しかし、昔の中高生も、現代の「社会人」も、そんなに差はあるのかな、と思うわけです。

 まぁ調査に基づくものではなく個人的な体験でしか語れないのですが、少なくとも私が働いたことのある職場なら、上記引用元で例示されているような文章が読める人は間違いなく少数派です。下っ端の話ではなく、役員クラスでも、ですね。「基礎的な読解力がないまま大人になれば、運転免許や仕事のための資格を取ることも難しくなる」などと語る大学教授もいるようですが、文章なんて読めない人でも普通に免許は取得できている、職場でも地位を得ている気がします。

 そもそも、我々の社会で読解力が問われる場面は多くないはずです。例えば「若者の学力が低下している」「読書量が減っている」等々と嘆息してみせる人がどれほど増えたところで、いざ就職しようとなると問われるのは「コミュニケーション能力」一本槍だったりします。あるいは一定のネームバリューのある大学を卒業していることが求められたとしても、結構な難関大学にもかかわらず推薦で潜り込めたり、ごく僅かな教科数だけの試験で済んだりもします。読解力に障害を抱えていたとしても、結構なんとかなるように我々の社会は出来ているのではないでしょうか?

 言うまでもなく、希少な読解力の持ち主であったとしても、それで権力者になれたりはしません。むしろ「力」を持つのは多数派であることの方であり、「文章が読めない」人が多数派であるのならば、問題になるのは読解力の不足ではなく、「文章が悪いからだ」ということになります。わかりにくい文章を書く方が悪い、改めるべきは書く側である、そうなっていくものであり、必ずしも読解力のない側が責めを負うものではありません。

 部下が書いた文章を上司が理解できない、それは至って日常的な光景ですが、この場合は部下の書いた文章がわかりにくいことに問題があると見なされます。逆に上司が書いた文章を部下が理解できなければ、もちろん部下が悪いと見なされますが――往々にして「理解できない」部下は一人二人ではなかったりします。大半の人間が上司の文章を理解できず、陰で「何を言いたいのか分からない」と陰口をたたいて盛り上がっている、これもまた(少なくとも私の勤務先では)日常の光景です。

 とりあえず自身の体験から知る限り、読解力よりも権力関係の方が大事なようです。偉くなれば読解力などなくとも大丈夫、あくまで悪いのは文章を書いた人の方なのです。自分の立場を強くすることさえ出来れば、読解力に不足があっても会社では活躍できます。そして上司の書いたものが理解できなくても、同様に理解できない人は周りにたくさんいるわけです。読解力に問題があっても、あなたは一人ではありません。この世界は読解力に欠ける人間で構成されている、読解力がなくても生きていけるように出来ています。

あわせて読みたい

「若者」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  2. 2

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  3. 3

    熊田曜子、谷村有美ら「芸能界セレブ」がコロナ禍で直面する夫からのDV

    渡邉裕二

    06月12日 14:04

  4. 4

    ひろゆき氏、電話不要論を展開「若い人が嫌がるのは当然」 職場の“TELハラ”問題

    ABEMA TIMES

    06月12日 14:22

  5. 5

    コロナ不況で住宅ローンが返せない人急増 持ち家の売却は急いだほうがいい理由

    NEWSポストセブン

    06月12日 09:41

  6. 6

    「常識外れの賠償は却下に」文在寅大統領には徴用工問題を解決する責任がある

    PRESIDENT Online

    06月12日 10:36

  7. 7

    支持率は37%に激減…それでも五輪に突き進む“菅政権のホンネ” - 広野 真嗣

    文春オンライン

    06月12日 09:55

  8. 8

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  9. 9

    実は世界経済回復の恩恵を受け始めている日本経済 今以上に悪化する要素はない

    武者陵司

    06月12日 16:24

  10. 10

    部分的に集団免疫が発動したという論文も ワクチン接種拡大でゴールは近いか

    中村ゆきつぐ

    06月12日 08:25

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。