記事

「幸楽苑不採算店舗閉鎖」が示す「いざなぎ景気」との違い

「ラーメンチェーン大手の幸楽苑ホールディングス(HD)は10日、全店の1割弱にあたる52店を閉鎖すると発表した。同日発表した2017年4~9月期連結決算の最終損益が同期間として初の赤字となり、不採算店の大量閉鎖で体質改善を急ぐ」(10日付日経電子版 「幸楽苑HDが不採算の52店閉鎖 業績悪化で」
我が家の近くにも幸楽苑があり、たまに利用することがあった。しかし、今年の2月に「野菜ラーメン幸楽苑」に改装され、メニューが味噌ラーメン系だけになってしまった。

血圧高めながら塩ラーメンが好きで「塩野菜ラーメン」を頼んでいた人間にとって、メニューが味噌系ラーメンだけになった時点で魅力は駄々下がり。

味噌系ラーメンに統一したのはコスト削減のためだなと感じつつ、仕方なく味噌野菜ラーメンを注文したところ、味は案の定。味噌で味を隠すといった代物だった。

その時点で「野菜ラーメン幸楽苑」には二度と行かないことが決定。この店は長くはもたないだろうなと感じていた。それゆえ、今回の決定は想定の範囲内。

最近は「野菜ラーメン幸楽苑」だけでなく、毎月ランチをしに行く(やや)高級和食チェーンでも、ランチの内容が劣化してきている。刺身やてんぷらの品数が減り、五穀米がお替りからでないと選べないなど内容の劣化が目立ってきている。

ワンコインランチなら致し方ないが、2000円のランチだけに奥様の不満が溜まってきており、何時「最近ランチの内容が貧弱になりましたね」という言葉が飛び出してもおかしくない状況になっている。

2000円というランチ価格を上げられないという事情があるのだと思うが、価格を維持して中身を落としていくというのは外食産業にとっては自殺行為でもある。特に安さではなく、ある程度の価格でコストパフォーマンスを売りにしている店には。

価格を維持するために食事の中身を劣化させていかなければならない経済状況を目の当たりにしている多くの国民が、いざなぎ超えの好景気が続いているという政府の発表に納得できないでいるのも当然の話。

果たして、いざなぎ景気時代にそうしたことがあったのだろうか。

いざなぎ景気時代小学生から中学生であった小生には定かな記憶は残っていないが、その時代は電話が各家庭に引かれ、自家用車が登場し、クーラーやカラーテレビが普及するなど、「目に見える形」で個人の生活がダイナミックに変わっていっていることは強烈な体験として残っている。

それに対して足元の景気回復は、価格を維持し利益を残すために中身が劣化していくという「目に見えない形」の変化で支えられているという違いがあることは確かである。

あわせて読みたい

「外食産業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    石原氏が怒る自衛隊員軽視に賛意

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    南青山住民にひろゆき氏らが苦言

    キャリコネニュース

  3. 3

    4Kと8Kテレビの購入はまだ早い

    krmmk3

  4. 4

    トランプ氏の中国つぶしは本気

    MONEY VOICE

  5. 5

    PayPayは成功? 商店街でみた現実

    MONEY VOICE

  6. 6

    自民議員 辺野古工事妨害に怒り

    和田政宗

  7. 7

    電子マネー乱立で不便になる日本

    かさこ

  8. 8

    APAMAN爆発原因のスプレーに疑惑

    キャリコネニュース

  9. 9

    池上氏 政府は4島返還を断念した

    文春オンライン

  10. 10

    海外投資家の日本国債保有が急増

    久保田博幸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。