記事

いよいよ始まる「橋下VS大阪市役所」の大バトル

今年の夏、私は橋下徹氏に対して直接こう迫ったことがあった。
「大阪市長選に出馬して、白黒つけるべきではないか」と。

この時の橋下氏の受け答えは次のようなものだった。
「僕は何も平松さんとケンカしているわけやないんや・・・」

つまり橋下氏は、少なくともこの時点では市長選出馬に対しては、相当逡巡していたことは間違いがない。

実を言うと橋下氏の本音は、平松氏との共闘というところにあったと見ていいだろう。そもそもこれまで、この両者は、水面下においてはたびたび接触を繰り返し、共闘関係を構築する道を模索していたと言っていい。

しかし結局、平松氏は“あちら側”に行ってしまったのだ。ここで言う“あちら側”とは、一言で言ってしまえば、既得権を得ている勢力ということに他ならない。具体的には役所(官僚機構)、既成政党、労働組合などなどだ。

平松氏だって一度は橋下氏との“共闘”を考えたわけだから、そうした勢力との対決を意識したはずだ。しかし結局、平松氏にはそれができなかったのだ。

おそらく、さまざまな“しがらみ”があったのだろう、あるいは各方面から威しすかしもあったのだろう。そうした状況を考えると、平松氏を批判することはあまりにも酷だ。

前述した“あちら側”にあって、橋下氏の最大の敵は大阪市役所、具体的にはこの役所に巣くう既得権益集団ということに他ならない。

この既得権益集団は、平松氏の籠絡には成功したものの、平松氏を選挙で当選させることはかなわなかった。

選挙戦後の記者会見で、橋下氏は大阪市役所に対する敵愾心をむき出しにしてみせた。

橋下氏にとって、本当のケンカの相手は大阪市役所ということになるのだろう。まずは、「果たし状」を突きつけたということになろうか。

さてさて、大阪市役所サイドとしては、この「果たし状」にどのような形で対応するのだろうか。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    “愛国芸人”ほんこんが「デマツイート」で提訴される 原告代理人・米山隆一氏は怒り

    SmartFLASH

    07月26日 09:58

  2. 2

    東京五輪「手のひら返し」が驚くほど早かった理由 - 新田日明 (スポーツライター)

    WEDGE Infinity

    07月26日 08:17

  3. 3

    配信が充実した東京オリンピック 無観客開催でも十分なお釣りが来る内容

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月26日 08:32

  4. 4

    60歳4人に1人が貯金ゼロ 原因は晩婚化による“支出三重苦”

    女性自身

    07月26日 13:23

  5. 5

    作曲家がLGBT差別の杉田水脈氏を肯定…開会式のドラクエ起用に疑問続出

    女性自身

    07月26日 12:26

  6. 6

    小山田圭吾の件について考える 作品と作者は別ものか

    紙屋高雪

    07月26日 09:10

  7. 7

    阿部一二三&阿部詩、九州まで夜通し車で…兄妹金の陰に両親の壮絶献身

    女性自身

    07月26日 08:32

  8. 8

    「金メダリストの“看板”で仕事をもらえるほど甘くない」五輪アスリート“第二の人生” 現役引退後の現実

    ABEMA TIMES

    07月26日 10:23

  9. 9

    五輪開催に反対でも観戦したくなるのは人情 選手を応援するのは自然な感情の発露

    早川忠孝

    07月26日 14:00

  10. 10

    五輪開会式でNHKアナが台湾として紹介したことに波紋 中国国政メディアは抗議せず

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    07月25日 14:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。