記事

「連携していかなければいけない」立憲民主党と国会運営について 小川参院会長



 民進党の小川敏夫参議院議員会長は9日、国会内で定例の記者会見を開いた。小川会長は、小川勝也参院議員の参院幹事長辞職について、7日の役員会で決定したことを発表した。離党届の扱いについては、「これは本部マター(担当案件)。理由となったご子息の刑事事件の処分が出ていないことを踏まえて、明らかになってから対応したい」と説明し、幹事長人事は近いうちに議員総会で決定することを明かした。

 8日に民進党の新執行部が発足したことの受け止めについては、「参院民進党にも人材があると前向きにとらえていただければ。良いチームワークで党を運営していけるのでは」などと語った。

 衆院の野党第1党が立憲民主党、参院の野党第1党が民進党であることを踏まえた今国会での両党の衆参の連携を問われると、「連携していかなければいけないのが基本の考え。具体的にどうするかは、こちらは民進党として衆院から国対委員長を出しているので、情報交換、連携をしていきたい」と連携する意向を示した。

民進党広報局

あわせて読みたい

「民進党」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。