記事

EU市民の権利保護巡り大きな課題=欧州議会の英離脱交渉官

[ブリュッセル 8日 ロイター] - 英国の欧州連合(EU)離脱交渉で欧州議会責任者を務めるフェルホフスタット氏は8日、離脱後の市民の権利保護に関して解決すべき「大きな問題」があると述べた。英国とEUは9日から交渉を再開する。

フェルホフスタット氏は「市民の権利に関する合意がほぼまとまりつつあるとする報道を、われわれは認めていない」と発言した。

同氏は、英国がEU市民に無料で在留資格を与えるべきだが、最新の提案では条件付きの資格申請を想定していると懸念を示した。

英政府の報道官は「英国に住むEU市民とEUに住む英国市民の権利保護がわれわれにとっての最優先課題」とし、「できるだけ確かなのものを早急に、英国で暮らし多大な社会貢献をする多くのEU市民に提供したい」と述べた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    共産党の式欠席に「ありえない」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    医療崩壊危惧のワケ 医師が解説

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    渋野騒動 日テレのスポーツ軽視

    WEDGE Infinity

  4. 4

    やきそば名物店 コロナで閉店へ

    田野幸伸

  5. 5

    朝日新聞170億円赤字 社長退任へ

    BLOGOS編集部

  6. 6

    追えないだけ?電車内の集団感染

    諌山裕

  7. 7

    いる? 宮崎謙介氏の報道に疑問も

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

  9. 9

    簡単に休業要請 橋下氏「最悪」

    橋下徹

  10. 10

    韓国はなぜ延々謝罪を要求するか

    紙屋高雪

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。