記事

トランプ大統領が拉致被害者に思いを馳せたことは大きい

米トランプ大統領が北朝鮮による拉致被害に対し、思いを共にしたことはとても大きなこと。

日本は現行憲法上、北朝鮮が無政府状態になっても自衛隊を派遣して拉致被害者を救出できない。

この点は国会審議で何回も質問したが、できないとの政府答弁。

他国が当たり前にできることが、日本はできない。

国際法上もできることなのに、できない。

いざという時は米軍などに救出をお願いしなければならない。

だからこそ今回、トランプ大統領が北朝鮮に拉致された日本人被害者に強く思いを馳せたことは大きい。

しかしながら、自分の子供が外国に拉致されても救出できない憲法が現行憲法。

改正が必要なのは当然のこと。

いざという時に自国民を奪還できる憲法があってこそ、北朝鮮に対し強く迫ることができる。

『トランプ氏、悲しそうな表情に 拉致家族連絡会が会見』(朝日新聞)
http://www.asahi.com/sp/articles/ASKC65Q83KC6UTIL03R.html

あわせて読みたい

「拉致問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    生活保護のしおりに誤解招く表現

    藤田孝典

  2. 2

    日本人が言わない「遺伝の影響」

    橘玲

  3. 3

    親日の美人議員 文大統領を批判

    高英起

  4. 4

    照射問題に沈黙の立民理解できぬ

    城内実

  5. 5

    全裸レストランが失敗する理由

    東龍

  6. 6

    韓国も低空飛行実施 呆れた批判

    tenten99

  7. 7

    元人気女子アナが韓国政府を批判

    高英起

  8. 8

    サマソニでトリ B'z批判は的外れ

    常見陽平

  9. 9

    韓国が隠したい北朝鮮の密漁援助

    SmartFLASH

  10. 10

    女性皇族認めない承継儀式に疑問

    小宮山洋子

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。