記事

NYテロ、“死に損ない”に冷たいIS - 佐々木伸 (星槎大学客員教授)

ニューヨーク中心部マンハッタンで車暴走テロを起こしたウズベキスタン出身のサイポフ容疑者は過激派組織「イスラム国」(IS)の指南書を忠実に実行したものであることが分かってきた。しかし、ISは2日後に素っ気ない犯行声明を出したものの、容疑者の氏名にさえ言及せず、逮捕された“死に損ない”には冷たい対応が浮き彫りになっている。

[画像をブログで見る]
(Medioimages/Photodisc/iStock)

指南書は機関誌「ルミヤ(ローマ)」

 組織壊滅が近いISはテロ戦略を完全に変更した。本拠だったシリア、イラクからの工作員を送り込むことや、欧州に潜伏する休眠工作員に指令を出すことをやめ、ネットを通じて社会的な不満を強める欧米の若者やはみ出し者、犯罪者、精神異常者らに標的を絞って、「十字軍」に対するテロを呼び掛ける作戦だ。

 こうしたテロの呼び掛けで指南書の役割を果たしているのが、ISの機関誌「ルミヤ(ローマ)」(2016年11月号)だ。米紙などによると、ルミヤはテロの手段として車を使うことを指示。レンタカー店での車の調達や、テロの実行場所である人通りの多い現場の選定の仕方などを詳述。

 車についても人をはね飛ばすのに高速で走れ、障害物も乗り越えられるような車種を選ぶようアドバイス。アッラー(神)の敵を殺りくするため、不信心者の遺体を踏みつぶすまで車を疾走させるよう教えている。

 しかも、車によるテロを実行した後は車外に出て、銃やナイフなどで人をさらに殺すよう指示。車外に出る際には、ISに対する忠誠を叫び、またISを称えるようなことを紙に記してばらまくよう進めている。

 また、テロの実行前には、イスラムの指導者に忠誠を誓う証を残すよう求めてもいる。これはイスラム初期の時代、預言者ムハンマドに忠誠を誓った儀式を再現するもののようだ、という。

 米連邦捜査局(FBI)などの調べによると、サイポフ容疑者はこうした指南書の教えをほぼ忠実に実行したようだ。トラック運転手をしていた容疑者は度重なる交通違反で車両保険が維持できなくなり失職。人生に強い不満を抱えていたとされる。1年前に犯行を決意し、2カ月前にトラックによるテロを計画。犯行直前に下見をするなど周到な準備を行っていた。

 サイポフ容疑者のスマホには、IS関連や指導者バグダディなどの写真3800枚、捕虜の処刑などの動画90点が保存されていた。犯行を実行して車外に出た際には、指南書通り、「アッラー・アクバル」(神は偉大なり)と叫んだ上、容疑者が「ISは永続する」と書いた紙もトラック近くで見つかった。

嫌々の犯行声明

 容疑者は捜査官に対して、犯行はバグダディの演説に触発されたと供述し、入院先の病室にISの旗を飾ってもいいか、とまで尋ねており、ISとの直接的なつながりは確認されていないものの、ISへの呼応テロであることは確実だろう。

 ISがシリアとイラクの戦場で組織消滅の瀬戸際にあるという客観的な状況を考えれば、自分たちがなお健在であることを示すためにも、すぐにも傘下のアマク通信などを通じて犯行声明を出しそうなものである。なにしろ、サイポフ容疑者は十字軍の親玉である米国の中枢に打撃を与えた“功労者”であるのだ。

 だが、ISは今回、声明を出すのを渋った。2日後になってやっと、ISの週刊紙「アルナダ」を通して「IS戦士が多数の十字軍を殺害した」と認めるに至ったが、サイポフという氏名には言及しなかった。“功労者”に対する扱いとしては極めて冷淡だ。

 米ニューヨーク・タイムズによると、2014年以来のISのテロ約50件を検証した結果、テロの発生から24時間以内に犯行声明が出されるケースがほとんどだった。しかし、テロの実行犯が殉教せずに、逃亡ないしは逮捕された場合は別だ。

 例えば、2015年の130人が犠牲になったパリ同時多発テロでは、実行犯10人のうち、1人を除いて全員の顔写真を掲載して称えたが、生き残って逃亡したアブデルサラムについては存在しなかったような扱いだったし、他のテロ事件でも生存して捕まった場合には犯行声明を出さなかった。

 イスラム国にとって、テロとは「殉教して完結するもの」だからと見られている。今年発生したロンドンやバルセロナのテロ事件では、実行犯たちが見せかけの自爆ベルトを着用していたが、これも自爆されることを恐れた警官らに射殺されることを狙ったからだと考えられている。

 今回のサイポフ容疑者はトラック暴走テロの後、車外に出た時、模擬銃とペンキ弾銃という2丁を持っていたが、いずれも殺傷力はない。これも警官に撃たれて殉教するためだったのではないかと推察されている。

年内に消滅へ

 当のISはシリアとイラクの戦場で、本当に追い詰められている。シリアではISの首都ラッカが陥落した後、次々に拠点を失い、11月3日にはアサド政権軍とシーア派武装組織ヒズボラがIS支配下の最後の都市、デリゾールを制圧した。

 大きな拠点として残っているのは、交通の要衝でイラクとの国境の町ブカマルだけだ。ブカマルと国境をはさんでイラク側にある町カイムはすでにイラク軍に奪還されており、ISの「残党勢力数千人」(米軍発表)は国境地帯の砂漠に追い立てられている。

 アサド政権軍や米軍は捕虜を抱えないよう、ほとんど皆殺し作戦を取っているようで、ISは完全に進退窮まった状態だ。このまま推移すれば、組織としてのISは年内に消滅することになるだろう。

あわせて読みたい

「ISIL」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    現金にこだわるサイゼ社長に呆れ

    永江一石

  2. 2

    国内に虚勢張る韓国 外交で難点

    NEWSポストセブン

  3. 3

    元セガ社長の暴露に「ムカつく」

    fujipon

  4. 4

    現金ばかり 日本と変わらぬ台湾

    川北英隆

  5. 5

    維新が森ゆうこ議員の懲罰を要求

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    深い憂慮 維新が香港に公式声明

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    駐韓米軍が一部撤退も 負担巡り

    ロイター

  8. 8

    中年男性とJK密会描く漫画が物議

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    安倍首相だけを批判する朝日の罪

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    桜を見る会 首相収支報告に疑義

    畠山和也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。