記事

山尾志桜里、倉持氏を顧問にする件

山尾志桜里氏が神奈川新聞で、倉持麟太郎氏を政策顧問にすることを発表している。
そのインタビュー記事を読むとまったく舌を巻くほどの完璧さだ。
「むき出しの好奇心になど『屈しない』」と宣言している。 

それでいい。志があり、能力のある政治家は、八つ墓村の因習に負けてはならない。
姦通罪の名残りなど粉砕しろ! 

それにしても「家でお料理しているところを撮らせてください」「子供と一緒にいるところを取材させてください」にはあきれる。なんという図々しさ。

「国会議員と言えども女性は家庭に縛られるべき」という差別をむき出しにしていては、この国に女性が輝ける時代など来ない。
男なら「家庭は大丈夫なのか?」という質問は絶対しないだろう。

わしは本当に「志」があり、「使命感」があり、やるべき仕事が定まっている政治家だから、山尾志桜里を応援しているのだ。
そのどれもない政治家は、男だろうが女だろうが、因習に潰されればいい。

山尾志桜里は特別だ。本来、政治家はこういう人物ばかりならいいのだが滅多にいない。
男の政治家も見習ってほしいくらい、信念を持っている。
「待機児童問題」と「憲法問題」、山尾志桜里はこの2つを3期目の大目標にしている。
使命があるから山尾氏は一直線に邁進する。 

山尾氏が倉持をブレーンとして必要なのも、わしは傍にいて知っている。確かに必要だとわしが保証する。

現在、立憲民主党は、週刊文春の攻撃にさらされて、ナーバスになっている。
党のイメージにこだわり過ぎて、小心者になっている。
スキャンダルが恐いから、山尾志桜里とは少し距離を置いて会派にしておこうという魂胆か?
わしは神経質な小心者が大嫌いだ。 

立憲民主党が、枝野代表が、政治家・山尾志桜里の凄さが分からないなら、わしは自民党に入れたっていいと思っている。
知ってる限りの自民党の政治家に頼んで回ったっていい。
たかが政党のためではなく、山尾志桜里は国のために絶対必要な政治家だ。

あわせて読みたい

「山尾志桜里」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。