記事

人脈について

カンボジアに限りませんが、発展途上国で事業をやる際には、「どの有力者と組むか」「どの有力者のツテを使うか」で全く違った展開・結果になってしまいます。

カンボジアの場合も同様です。
ただカンボジアの場合、有力者の地位や人脈は蜘蛛の巣の様に複雑ですので、どのツテをたぐるかの見極めがより重要になってきます
間違ったツテを掴みますと、時間とお金だけが掛かって何も進展しないという様な事態になり得ます。
中には悪質な人も居て、泣き寝入りさせられている人も結構居たりします。

地位が高い人でも、その方の専門外の事にはほとんど無力だったりする事も多く、悪意は無いのに力及ばずで結果的に上手く行かなかった、という事も多々起こったりします。

ほとんどの日本の方はこういった事を知らないかと思います。
たまたま知り合ったり誰かに紹介された有力者(彼らは自分に出来ない事でも「出来ない」とはなかなか言いません)にお願いして、お金と時間だけがムダに掛かってしまった、という様な話はよく聞きます。
どうやら、『地位が高い人なら何でも出来るに違いない』と思い込んでしまう方が多い様です。

また、カンボジアに限らず多くの発展途上国では、人に何かをお願い事をする場合にはいくばくかの金銭を渡す習慣があるのですが(渡さないと動いてくれないため)、金銭を渡しても結果的に上手く行かなかった場合は、支払った方(日本人)からすると「ダマされた!」となってしまいますよね?
でも受け取った方(カンボジア人)からすると、「手間と時間とお金を掛けて最善を尽くしたけれど、結果的に上手く行かなかったのだから仕方ないではないか!(= やる事はやった。受け取ったお金は労力に対する当然の報酬だ!)」という考え方をしますので、これまた話がややこしくなります。

これは文化的・習慣的な考え方の違いですので、いくら文句を言っても埒が明きません。

この事に限らず、いくら日本の常識を振り回してもカンボジアにはカンボジアの常識がありますので、ここでは日本の常識の方が非常識という事になってしまいます。
この辺の事をいくら説明しても、「そんなのはおかしい」の一点張りしか言われない日本の方がたまにいらっしゃいますが、いくら何と言おうと、お互いの常識を振り回してみても、仕方が無い事は仕方が無いのです。嫌なら日本から出ない事が一番だと思います。

ちなみに、こういう方がイスラム圏やインドに行ったら、もっと訳が分からなくなると思いますよ。
余談ですが、私は昔インド人の部下が居たのですが、仕事の話であっても、いつも会話が勝手に亜空間に飛ばされるので、「常識とはなんだろうか?命とは、世界とは、宇宙とは何だろうか?」といつも考えさせられていました。仕事中に(笑)。
インド人パワー恐るべしです。仏教やヒンズー教が何でインドで興ったのか理解できた気がしましたよ(笑)。
インド人やイスラム人に関する面白話はそれこそ腐るほど有りますので、機会が有ったらまた書きたいと思います。

えー、話を戻しまして、
結局のところ、自分で見極めをして、本当に仕事が出来て、出来るだけ無駄金を使わないで済む様な人脈を構築するしかありません。

当初は私も散々な目に遭いかなりの無駄金を使ってしまいましたが、多くの失敗を重ねたお陰で大概の仕事でしたら回せる人脈を構築するに至りました。

ただ人脈は生ものですので、常にメンテナンス(?)をする必要がありますし、余力がある時には全く別のルート、今までとは別のラインの人脈を切り拓いて行くという努力が必要だったりします。
いつ誰が失脚or昇進するのかは分かりませんので、保険という意味もあります。
もちろん、相手が誰であろうが仁義は通しますし、よくしてくれた方が失脚したとしても、感謝の気持ちは忘れてはいけません(まあ失脚するにはそれなりの理由があるのですが)。

繰り返しになりますが、依頼する相手が高い地位の方であったとしても、必ずしも希望する結果が得られるとは限りません。
(これまた余談ですが、役所によっては大臣よりも副大臣の方が力があるという所もあります。)
また言うまでも無く、人は何かメリットが無いと動きません。でも、的外れな人にメリットを与えても意味がありません。

よくよく調べ、目的に合った人脈を見極めてそれをたぐり、本当に力のある方と強い信頼関係を構築し、限りある資金を有効活用し、諸々のテクニックを駆使して皆様の事業を成功に導いて頂きたいと願う次第です。

追伸
人脈について【上級編】上手な無駄金の使い方』は、ご要望があればそのうち書くかもしれません(笑)。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「大規模会場予約 67% 空き」はお役所仕事の想像力欠如 ~ なぜ「高齢者」に拘り続けるのか

    近藤駿介

    06月14日 14:19

  2. 2

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

  3. 3

    「ディズニーランドのついでに予約」女性向け風俗の利用者が爆増しているワケ

    PRESIDENT Online

    06月14日 15:30

  4. 4

    LGBT、夫婦別姓…“憲法改正”は令和に必要か? 憲法学者「最高裁や国民がしっかりしないといけない」

    ABEMA TIMES

    06月14日 09:28

  5. 5

    東大・京大も志願者減で止まらぬ「国公立離れ」 その最大の要因は何か

    NEWSポストセブン

    06月14日 08:38

  6. 6

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  7. 7

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  8. 8

    チュートリアル、友近…ギャラ100万円芸人がリストラ危機なワケ

    女性自身

    06月14日 12:27

  9. 9

    小池百合子「女帝」の最後の切り札 五輪中止に動くタイミングはあるのか? - 石井 妙子

    文春オンライン

    06月14日 08:32

  10. 10

    東芝報告書で思い知った調査の破壊力の大きさ

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月14日 09:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。