記事

【中証視点】サービス大国・中国へ、製造業超えるブランドへ努力

リンク先を見る

  商務部サービス貿易商業貿易司の周柳軍司長は28日、第12次五カ年計画期間中にサービス貿易の発展に注力し、「中国サービス」というブランドを確立する方針を明らかにした。サービス貿易額を年間平均11%超のペースで増やし、2015年に6000億米ドルとする目標を示した。

◆30分野を重点育成分野に

  商務部などの34の関連部門はこのほど、2年をかけて制定した「サービス貿易の発展に関する第12次五カ年計画綱要」を発表した。周司長は商務部が28日に開催した会見で、サービス貿易の規模を年平均11%増やすという目標を設定したことについて、第11次五カ年計画期間中のサービス貿易の発展状況や、先進国のサービス貿易の発展水準、国内のサービス貿易において今後重点的に育成する分野などを総合的に考慮して確定したと説明。この目標は積極性的で穏当であることを原則としており、モノの貿易の成長を若干上回る可能性があるとの見方を示した。

  「サービス貿易の発展に関する第12次五カ年計画綱要」では、サービス貿易における30分野を同五カ年計画中の重点育成分野に指定した。重点分野は、第1に、観光、建築サービスなど中国が比較的優位性を持つ従来型産業で「優位性の強化」を重視する。次に、コンサルティング、コンピューター・情報サービスなど国際サービス貿易の新潮流に適合する新興産業で、「育成」に重点を置く。重点分野を優先的に発展させ、中国のサービス業とサービス貿易の全面的かつ調和的な発展を促す。

◆5つの目標を設定

  同計画綱要が掲げる目標は5つ。第1は、貿易規模の安定した拡大。中国の対外貿易額と世界のサービス貿易額に占める中国のサービス貿易の割合を段階的に引き上げる。

  第2は、貿易構造の改善。通信、コンピューター・情報サービス、金融、文化、コンサルティングなど知識集約型、技術集約型の高付加価値サービス貿易が輸出総額に占める割合を2015年に45%以上に引き上げるとともに、対外工事請負サービス、対外労務サービス、流通、観光、代理販売などのサービス輸出の規模を一段と拡大させる。

  第3は、対外開放レベルの拡大。通信、金融、コンピューター・情報サービス、商業サービスなどの業界に存在する商業ポテンシャルを一段と引き出し、経営サービスレベルを引き上げる。

  第4は、国際競争力の増強。対外工事請け負い、対外労務協力、流通、観光、通信、コンピューター・情報サービス、金融、文化、コンサルティング、代理販売、研究開発などの分野のサービス輸出を拡大し、モノの貿易や海外投資と協調させる。さらに、知的財産権や著名ブランドを持つ重点企業を育成して「中国サービス」ブランドを打ち立てる。また、国際的な資質とブランドを備えるビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)の育成を急ぎ、国際市場の開拓能力を徐々に引き上げる。

  第5は、サービス貿易において、地域同士の協調を図ること。地域ごとに異なる成長戦略を採用し、各地域の優位性を十分に発揮させる。サービス貿易の発展が速い地域の影響力を発揮させ、地域同士の相互補完を実現し、活力に満ち、地域ごとの特色を備えたサービス貿易の成長の枠組みを整える。

  このほか、内外企業向けの国際取引プラットフォームを築き、さまざまな形式のサービス貿易促進活動を展開することも計画に盛り込まれた。商務部は2012年以降、サービス貿易の見本市「中国(北京)国際サービス貿易交易会」(京交会)を毎年北京で開催する。同見本市の開催を通じて、各地域、各部門と協力して全方位的で多層的なサービス貿易促進システムを打ち立てる方針だ。

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  3. 3

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  5. 5

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  6. 6

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  7. 7

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

  8. 8

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  9. 9

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  10. 10

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。