記事

米スプリントとTモバイル合併協議打ち切り、条件で合意できず

[サンフランシスコ/ニューヨーク 4日 ロイター] - 米携帯電話3位のTモバイルUS<TMUS.O>と4位のスプリント<S.N>は4日、合併に向けた協議を打ち切ったことを明らかにした。スプリントは単独での再建を目指すことになる。

スプリントの親会社ソフトバンク<9984.T>とTモバイルの親会社ドイツテレコム<DTEGn.DE>が互いに統合新会社の経営権にこだわり、折り合いがつかなかった。

スプリントとTモバイルは共同文書で、協議打ち切りの理由について、合意できる条件を見つけられなかったと説明した。

統合が実現していれば、契約者数は1億3000万人超となり、ベライゾン・コミュニケーションズ<VZ.N>、AT&T<T.N>に迫る規模の携帯電話会社が誕生するはずだった。

ミシガン大学のロス・スクール・オブ・ビジネスのエリック・ゴードン教授は「消費者にとってはスプリントとTモバイルが合併しない方がずっとよい。2社は支出を抑えたい消費者を取り込むため、激しい競争を続けることになるからだ」と指摘した。

両社が協議打ち切りを共同発表するという異例の措置を取ったことは、合併の利点を依然として認識しており、協議再開の可能性が残っていることを示している可能性もある。

Tモバイルのジョン・レジャー最高経営責任者(CEO)は、スプリントとの合併の展望は魅力的だったとした上で、「どんな企業との案件も、当社単独での素晴らしい実績よりも優れた長期的価値を株主に提供するものでなければならないことを、常に明確にしてきた」と語った。

一方、スプリントのマルセロ・クロウレCEOは、合意できなかったものの、「われわれは合併した場合の規模の面での利点を確かに認識している」とコメント。

その上で、豊富な周波数帯などの資産とともに自力で前進することが最善と考えたとし、持続的な成長を確実にするため、ネットワークへの大規模投資を加速させる方針を示した。

あわせて読みたい

「携帯電話」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    組事務所は禁煙 変化するヤクザ

    BLOGOS編集部

  2. 2

    徴用工めぐり文大統領が無能発言

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    紀平梨花 練習のため親が家売却

    NEWSポストセブン

  4. 4

    花田優一氏が離婚 元義父は激怒

    女性自身

  5. 5

    カナダは中国の圧力に耐えうるか

    奥山真司

  6. 6

    黒木華を監督が両断「ヘタクソ」

    BLOGOS編集部

  7. 7

    J&J株 ベビーパウダー報道で急落

    ロイター

  8. 8

    現役医師「妊婦加算の何が悪い」

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    立民 安倍政権は沖縄の情がない

    立憲民主党

  10. 10

    仏デモ 最低賃金上昇は焼石に水

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。