記事

出雲駅伝と箱根予選会を席巻、「ナイキの新シューズ」の衝撃

1/2


【大学駅伝は足元にも注意すべし(撮影:EKIDEN NEWS)】

 大学三大駅伝の2戦目となる全日本大学駅伝が、11月5日に開催される。意外なポイントを“見どころ”に挙げるのは陸上長距離専門ウェブメディア「EKIDEN NEWS」を主宰する西本武司氏だ。

「選手たちの『靴』です。実は今年、日本の長距離選手の足元では“静かな革命”が進んでいるのです」

 これまで日本の陸上長距離トップアスリートの間では、薄いソールのシューズが主流だった。昨季大学駅伝三冠の絶対王者・青学大には、アディダスと今年3月まで専属契約していた「最強の靴職人」と称される三村仁司氏による、日本人の骨格や走り方に合わせたシューズが提供され、選手の足元を支えてきた。

 三村氏はアシックス時代、高橋尚子や野口みずきが五輪女子マラソンで金メダルを獲得した際のシューズを製作した人物。その後は独立してアディダスと契約し、彼の手掛けた薄くて反発力の高いソールを使ったシューズで好成績を残す選手が存在感をみせてきた。だが、今季は様相が違ってきているというのだ。西本氏が語る。

「注目を集めているのが『ナイキ ズーム ヴェイパーフライ4%』です。5月にイタリアのF1サーキットで行なわれた、フルマラソンの2時間切りを目指すプロジェクト『ナイキ ブレイキング2』のために開発された製品です。このシューズは、これまで日本人選手には向かないとされてきた、かかと周りのソールが厚い、いわゆる『厚底』タイプのもの。厚いソールながら、軽さも追求し、それを実現したシューズです」

 注目すべきは今年、このシューズを履いた日本人選手が好成績を連発していることだ。4月にはボストン・マラソンで、リオ五輪5000m、1万m日本代表の大迫傑(早稲田大OB、現ナイキ・オレゴンプロジェクト)がヴェイパーフライ4%を履いて3位(2時間10分28秒)の成績を残した。9月には、やはりリオ五輪1万m代表の設楽悠太(東洋大OB、現ホンダ)がチェコで開かれたハーフマラソン大会で、10年ぶりに日本記録を更新している(1時間0分17秒)。西本氏の熱弁は続く。

「このシューズは前足部(足裏のつま先寄り)から接地して蹴り上げる、“トラック競技の走り方とスピード”のまま、長距離ロードを走れるように設計されているといいます。大迫選手はフルマラソンのデビュー戦で見事な走りを見せましたし、設楽選手が凄かったのはハーフマラソンで日本記録を出した翌週、ベルリン・マラソンにも出場して2時間9分3秒と自己ベストを更新したことです。尋常ではないハードスケジュールのなかで好成績を連発したことから、“足へのダメージが少なく、疲労回復も早くなる”という特性を持つシューズであることも見えてきました。

 そうなると3か月あまりという短期間で出雲、全日本、箱根の三大駅伝を走り、スピードを維持しながら20kmを超える箱根ディスタンスに対応していかなければならない、箱根ランナーにとって“ドンズバ”な靴ということになってきます」

◆東海大と東洋大は導入済み

 陸上関係者の間では、早くから注目を集め、今年7月に市販モデルが日本で発売になると品薄状態が続いていた。

「10月に入って新色が発売されると、陸上競技・ランニング専門店『ステップスポーツ』の各店舗では、『試し履き不可』『一人1点のみ』『購入後サイズ変更不可』といった異例の制約つきで販売され、即完売となる状況でした。ヤフオク!などのオークションサイトでは今も、店頭価格の倍以上となる5万~6万円の値段で取引されています」(西本氏)

 その超品薄シューズをすでに駅伝レースに導入し、結果を残している大学が2校ある。ひとつが、王者・青学大の牙城を崩し、出雲駅伝を10年ぶりに制した東海大だ。西本氏は出雲で、東海大の選手たちの足元に起きた異変に釘付けになったという。

「見事なスタートダッシュを見せた阪口竜平選手(2年、1区区間賞)や4区で青学大を再逆転してチームをトップに押し上げた鬼塚翔太選手(2年、4区区間賞)が履いていたのが、大迫選手や設楽選手と同じ、“ナイキの厚底”だったのです。

 東海大では他に、アンカーを務めたエースの關颯人選手(2年、6区区間賞)もナイキのシューズを履いていました。よく見るとヴェイパーフライ4%とは形が少し違う、市販されているものとは違うモデルのようなのですが、やはりソールは厚い。

 關選手は今年2月に安藤財団グローバルチャレンジプロジェクトで、ナイキが本社を置く米国オレゴン州に行ってトレーニングを積む機会を得ています。面白いのは、オレゴンに行く前の關選手は別のメーカーのシューズを履いていたのに、帰ってきたらナイキに変わっていたという事実です。現地で、市販されていないモデルを何らかのかたちで手に入れたのか、オレゴンを拠点に活動する佐久長聖高校の先輩である大迫選手から何か靴に関してアドバイスを受けたのか、想像は尽きません。

 東海大の選手たちは、昨季も5000mや1万mのトラックでは青学大に劣らない記録を出していたが、ロードの駅伝では長い距離の大会ほど苦戦していた(出雲3位、全日本7位、箱根10位)。その意味では、“トラックを走るフォームを維持したまま長距離ロードに移行できる”というナイキの新シューズの特性が最もプラスに働くはずのチームです」

 そしてもう1校、出雲で足元を“ナイキの厚底”で固めてきたのが東洋大だった。6区間の走者のうち、5人がこのシューズを履いていた。出雲では経験豊富な上級生がエントリーから外れており、下馬評は決して高くなかったが、フタを開けてみると4区までトップ争いに絡む健闘を見せている。

 実は、出雲駅伝直前の10月上旬、あるトップ選手が埼玉県川越市にある東洋大グラウンドを訪れていた。ロンドン五輪とリオ五輪の2大会連続で5000m、1万mの2冠に輝いたモハメド・ファラーだ。東洋大がファラーの指導を受けたこと自体は、スポーツ紙などで報じられているが、西本氏はこんな見方をする。

「トラック種目からマラソンへの本格的な転向を表明しているファラーが履いているのは、やはりヴェイパーフライ4%です。10月7日に放送されたTBSの『オールスター感謝祭’17秋』の恒例企画である“赤坂5丁目ミニマラソン”には、ファラーがゲストとして出場していますが、このシューズを履いているのが確認できました。

 出雲駅伝で出走した東洋大の選手のヴェイパーフライ4%には、ファラーの直筆サインが入っていたことも興味深い。東洋大がチームとしてこの“ナイキの厚底”の力をきちんと認識し、夏合宿から、この靴の力を活かしながら成績を底上げしていく戦略を立てていたからこそ、ナイキ契約選手のファラーが川越までわざわざ足を運んだのではないかと思うのです。ファラーの来日スケジュールを考えたら、二子玉川(東京・世田谷)にグラウンドあり、ナイキとユニフォーム契約を結んでいる駒澤大学のほうが便利ですから」

あわせて読みたい

「箱根駅伝」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    富田林署員エロサイト閲覧に衝撃

    赤木智弘

  2. 2

    絶望的にスマホ無知 日本の現状

    キャリコネニュース

  3. 3

    沖縄の民意無視 土砂投入に怒り

    五十嵐仁

  4. 4

    親世代と大違い 名門私立の凋落

    PRESIDENT Online

  5. 5

    パリ暴動 マクロン氏の冷酷措置

    田中龍作

  6. 6

    富裕層の贈り物はなぜ気が利くか

    内藤忍

  7. 7

    消費税 クレカ還元は金持ち優遇

    舛添要一

  8. 8

    HUAWEI排除「通信は安全」幻想に

    S-MAX

  9. 9

    賃金上昇せず 増税で景気後退か

    MONEY VOICE

  10. 10

    前原氏 バラバラ野党の現状謝罪

    国民民主党

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。