記事

脱原子力はチャンスだよ その1(1/5)

ども。涼しく過ごすコツは、首筋、脇、鼠蹊部を冷やすこと。豆知識大好き、シートンです。

さて、今年の夏もどうやら山場は越したようです。自分の住む地域では、昨年よりはキツくなかったのですが、皆様はいかがお過ごしでしょう?

相変わらず、自称現実主義者、が「原発が止まると電気が足りない!」「企業が出ていく!」と騒いでいますね。新首相も、脱原子力を明言しないし、困ったモンです。

だいたい、今年の夏の節電騒ぎは、「脱原子力」とは関係がありません。もともと、震災で止まった原子炉(これは、事故機は論外、そうでないものも点検無しには使えない)と、安全審査の想定不足によって再稼働出来ない原子炉、が問題なのですから、「脱原子力」を進めるか否かに関係無く動かすことには問題があるのです。今後、停止中の原子炉を再稼働させるかどうか、では、従来「想定外」で済ませてきた事を「安全審査」でキチンと盛り込めるかどうか、が問われるわけで、その延長に、再稼働するか、廃炉にするか、の選択があります。いい加減、今年の夏の電力供給がせっぱ詰まっていたことを「脱原子力」に繋げるのは見苦しい行為です。

もし、このへんの、従来見逃してきた問題点をキチンと俎上に載せて審査するのではなく、お手盛り的に「電力が足りないと経済にダメージ」だとか、「企業が海外に逃げる」などというヨタ話で再稼働を正当化しようというのなら、原発周辺地域住民の安全と自分達の安寧のバーターであることに自覚的であるべきです。危険性を承知で再稼働に踏み切るわけですから。この危険性は確率論的な話ではありません。従来、無視してきた事が顕在化した状況での不作為は厳しく責任を問われる事になります。その覚悟はあるのか?ということです。

ですから、一番どうしようもないのが、消極的原発賛成派、という連中ですね。未だに、「代替案は?」で判断を済ませられると考える根性がイヤらしい。

「原発は危険だが、安定的な代替電源が無い状況では、原発はやむをえない」

危険性がある、と認識しているのなら、それを知りつつズルズル続ける事の責任を負う覚悟はあるのですか?「即時脱原発派」は“原発が無くてもなんとかなる”、と主張してますし、「漸次脱原発派」は“適切な過渡期を設ければ、代替手段に変えていける”と述べています。どちらも、論理の整合は取れているのです。むしろ、消極的原発賛成派こそが、真剣に「代替案」を考えなくてはいけない。

消極的原発賛成派はそれをアウトソーシングし、思考停止し、他人の危険を見て見ぬふりをする。

そんな態度をとるくらいなら、積極的原発賛成派の方がマシなくらいです。彼らはそもそもこの期に及んでも原子力が危険だと認めようとしない。倫理面では問題はありますが、彼らの主張が首尾一貫しているのは確かです。

いい加減、日和った態度を取って、どちらからも距離を置いていれば冷静で合理的な自分を演出できる、なんてくだらない事は止めるように。

さて、今回の原発事故で示された問題点は、すでに宇沢弘文先生が提示しています。原子力運用に伴う危険性(リスク)と利益(ベネフィット)を比較して、後者が上回れば、原子力運用は正当化出来る、こういう意見はよく見掛けます。これは、自動車に関しても同様の主張が為されてきました。しかし、宇沢先生は、リスクを負うものと利益を享受するもの、そしてその中身に著しい非対称性がある、と喝破します。さらに、公害問題*1にも同様の構造があると。

原発事故と水俣病(と他の公害問題)には著しい共通点があることは、今までも多くの人たちが指摘してきました。

水俣の漁村の人々に降り掛かった健康被害を、行政も産業界も極力過小評価しようとしたこと

少数の良心的な人々を除いて、学会もそれに荷担したこと

地域住民の間で分断が起き、「風評被害」と差別に苦しんだこと

今なお、問題を直視せず、被害者を厄介者扱いすること

水俣のチッソは日本の化学工業の大生産工場でした。ですから、行政も産業界も「止める」判断など絶対に下しませんでした。彼らの努力はひたすら隠蔽に向けられていました。危険性を早くから知りつつ、操業を続けたのです。その結果、多くの人が今なお苦しんでいる。

どうです?今、原発を動かす、という事は、水俣でアルデヒド生産プラントを知らぬふりをしつつ動かす以上の問題を抱えているのですよ。

「水俣工場を止めたら、経済が落ち込む」と主張する輩がいたら というか実際居たが その人物をどう見なします?

水俣病は終わっていない。教科書に載った「過去の話」などでは無いのです。今、我々の前に突き付けられた問題そのものなのです。

こうした、問題を指摘すると、今度は「社会的弱者」に転嫁する人々がいますね。「原発が止まるとオレ達はいいけど、社会的弱者が苦しむ(死ぬ)」と。

これはもうメチャクチャですね。まず、常に社会的弱者にツケ廻しするのが当然、と考えている(それも無自覚に)のがイヤらしい。そして、ここには主語が無い。社会的弱者は“苦しみを放置される”(見殺しにされる)のであって、勝手に苦しむ(死ぬ)わけではありません。

(原発が止まって)経済が落ち込めば、(自然に)社会的弱者は苦境に立つ。これは、「トリクルダウン(おこぼれ)理論」を当然視し、その延長に福祉を考えている態度に過ぎない。経済低下と死亡数の相関は自然現象ではありません。政策不在による結果です。それを当然起こりうる事、と捉えるのは、現在の社会のあり方を「事実」から「真理」へ昇格させてしまった事による錯覚です。本来は社会的対応によって緩和できる話です。

電力が安定な例年も熱中症死はあったし、ワーキングプアは厳しい状態にありました。本当に社会的弱者が心配なら、「原発」の再稼働ではなく、社会的対応を求めるのが筋というものでしょう。

もう一つ、ここには大きな問題があることも無視されています。つまり、原子力関連施設で実際に働く人々、の事です。末端レベルでの作業労働において人権無視状態にあったことが明らかになってきています。というか、実際にはその告発を皆が無視してきただけなのですが*2、少なくとも多くの人の意識において顕在化する程度には知られるようになったようです。

こうした劣悪な労働状態を見て見ぬふりをするつもりなのでしょうかね?消極的原発賛成派の方々は。原子力は、地域問題といい、労働問題といい、民主主義国家で維持出来るようなものではない、と私は考えます。それとも、こうした問題もアウトソーシング 文字通り にすればいい、と考えますか?

脱原子力というのは、我々が民主主義国家においての生活の営みにおいて、差別を当然視/不可視化しないためのものなのです。単純にエネルギーの問題ではない。

もし、こういった指摘を無視し、“(自称)現実的”な手段とやらを看過するつもりなら、労働強化でも、リストラでも、ワーキングプア化でも、ブラック企業でも、同じ論理で正当化されてしまうことは免れないはずです。

続きます。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「インチキはいつか必ずバレる」熱海土石流は人災か

    毒蝮三太夫

    07月29日 08:08

  2. 2

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

  3. 3

    集団免疫得られるワクチン接種率、70%程度では難しい=尾身会長

    ロイター

    07月29日 12:55

  4. 4

    小池都知事“一人暮らしは自宅を病床に”発言に「一人で死ねってこと?」と怒り爆発

    女性自身

    07月29日 11:27

  5. 5

    五輪報道に「手のひら返し」と批判も オリンピックに沸くテレビ・新聞の報道

    ABEMA TIMES

    07月29日 09:54

  6. 6

    高校に通わなかった東大名物教授の独学勉強法 本や教科書は疑って読むクセ

    宇佐美典也

    07月29日 12:00

  7. 7

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  8. 8

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  9. 9

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  10. 10

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。