記事

座間事件 白石容疑者を臨床心理士がプロファイリング


【スカウトマンをしていた白石容疑者の女性に対する心理とは?】

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になった著名人をピックアップ。記者会見などでの表情や仕草から、その人物の深層心理を推察する「今週の顔」。今回は、座間事件の白石容疑者の心理状態を読む。

 * * *

 神奈川県座間市のアパート室内で、クーラーボックスなどから男女9人の遺体が見つかるという身の毛もよだつ事件が起きた。死体遺棄容疑で逮捕されたのは白石隆浩容疑者。

 これまでの情報では、白石容疑者がツイッターで自殺志願者を探して、「自殺を手伝う」などと言葉巧みに誘い出していたということがわかっている。アパートに入居したのは8月22日、わずかな期間に9人を殺害、遺体をバラバラにしたという猟奇的な連続殺人事件。だが動機については金銭目的や乱暴目的と、様々な情報が飛んでいる。

 画面に映し出されたカラー写真の顔は、人あたりがよさそうで柔和な印象だ。おぞましい事件を起こした犯人には見えない。そのせいか白黒写真を使う情報番組もある。白黒写真の方が画像が粗くて表情が読めず、目が細く釣り上がって目付きが悪そうで、凶悪な犯罪者というイメージに近い。

 高尾署から送検される様子が1日の朝、生中継で流された。報道陣が待ち構える中、容疑者が乗ったバンが署から出てくる。レポーターが「容疑者はまっすぐ前を向いています」と実況中継した。陽の光が車の窓に反射していて、画面では車中の様子は伺いしれない。まっすぐに前を向いているという容疑者の様子を聞いた時は、この事件は快楽殺人なのかと思った。

 というのも、過去の連続殺人事件の逮捕時の写真を見てみると、快楽殺人犯の多くは、向けられたカメラの前で隠すことなく顔を上げている。その様子はふてぶてしくもあり、時には開き直っているようにすら見える。彼らには犯した罪への罪悪感がないからだ。自分を英雄のように感じていた犯人さえいる。

 山口母親殺害と大阪市で起きた姉妹殺人事件の犯人、山地悠紀夫は後部座席に座って顔を上げたまま薄ら笑いを浮かべていた。彼は「生まれてきたのは殺人をするため」と話したという。土浦市で起きた連続殺傷事件の犯人、金川真大は送検時、表情のない顔をまっすぐに前に向け、不満そうに舌の先をチラッと出すと土浦署の階段を下りてきた。2016年、相模原市の障害者施設で起きた大量殺傷事件で、犯人の植松聖被告が見せた得意げで奇異な笑い顔は、まだ記憶に新しい。

 だが送検時の至近でクリアな映像を見ると、白石容疑者は両手で顔を覆っていた。黒縁の眼鏡の下に潜り込ませた手で、顔はまったく見えない。指を伸ばし、手を顔に押し付けている。そして、目を閉じて外部の騒ぎが見えないよう、見ないようにしていたのだ。

 これだけ大胆で凄惨な事件を起こしていながら、こんな仕草を見せるとは。その仕草の意味を捉えるなら、何らかの罪の意識があるということだろうか。それともメディアへ顔をさらすことへの羞恥心なのか。どちらにしろ、顔を隠したことから、大変なことをしたという犯行の認識はあるのだと思う。

 だが、両手の下に隠された微妙な表情を読み取ることはできない。もし手で顔を覆ったのが顔を見られたくない、外を見たくないではなく、表情を隠すためであったとしたら、仕草の意味はまるで違うものになる。事件への罪悪感はなく、巧妙で狡猾な面を覆い隠すように、顔を覆ったのかもしれないからだ。

 以前、警視庁の元刑事さんに聞いたのだが、取り調べを行う刑事は、自供させながら容疑者の一挙手一投足を見逃さず、チェックする。その人独自の癖、仕草や表情などを取り調べの中で把握するのだ。その作業の上で、把握した癖や仕草などから供述のどこに真実があり、どこで嘘をついているのか、自供の信ぴょう性を見分けたりするという。容疑者と相対している刑事さんなら、この白石容疑者の仕草の意味を正確に把握できるだろう。

 もう1つ、元刑事さんに聞いたのは遺体の損壊についてだ。今回の事件のように、遺体は見つかったものの殺害方法が明確にならない場合もある。容疑者が明らかに殺害したものと断定できないのだ。情報番組で言われているように、こうなると自白があっても裁判で覆され、殺人ではなく、遺体遺棄容疑で終わってしまう可能性が出てくる。だが人間の心理としては、殺害よりも遺体損壊の方がハードルが高く、遺体をバラバラにできる人間は人を殺せると元刑事は言っていた。刑事としての経験則ではあるが、納得できる。

 容疑者はスカウトマンとして働き、スカウトした女性を売春する店と知りながら紹介して金を受け取り有罪になっている。女性は彼にとって商売道具だったのだ。スカウトマンという仕事を通して、女性を目的を果たすための道具、物として見るようになっていた可能性は考えられる。そして商売道具の女性によって結果的に有罪となった容疑者は、女性への憎悪を膨らませ、自分の欲望や欲求を満たすための道具としたとは考えられないだろうか。それも最も自分を正当化しやすい自殺志願者をターゲットとしてだ。どちらにしろ、これまでの快楽殺人犯とは違う何かが容疑者の心の中にあるようだ。

 事件に関する情報は日々、更新されている。どこまで真実が明らかになるのか、捜査の進展を待つしかない。

あわせて読みたい

「座間9人遺体切断事件」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    賭け麻雀苦言の労連トップが朝日

    和田政宗

  3. 3

    外国人選手が逮捕 試合なく薬物

    阿曽山大噴火

  4. 4

    安倍首相の言葉と行動大きく乖離

    畠山和也

  5. 5

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  6. 6

    布マスクは金の無駄 飛沫防げず

    諌山裕

  7. 7

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  8. 8

    誹謗中傷の規制急ぐ政治家を危惧

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    処分軽い黒川氏 裏に記者クラブ

    田中龍作

  10. 10

    アベノマスクが唯一果たした役割

    田嶋要

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。