記事

國村隼が語る「松田優作さんと高倉健さんが教えてくれた事」


【国内外を問わず数々の映画で活躍する俳優・國村隼】

「僕の仕事の中心にあるのは、映画です。日本では映画に限らず舞台、ドラマと、オールジャンルをやるのが俳優の基本。だからこそ、自分の重心をどこに置くかは大事だと思っています」

 国内外を問わず数々の映画で活躍する俳優・國村隼(61)。低く深みのある美声に、大阪弁独特の柔らかいイントネーション。穏やかな口調ながら、はっきりとこう続けた。

「もし、何の俳優?と聞かれたら……映画俳優と答えるでしょうね」

 映画デビューは1981年、井筒和幸監督が初の一般映画でメガホンをとった『ガキ帝国』だった。その後、『エイリアン』(1979年)で知られるリドリー・スコット監督の『ブラック・レイン』(1989年)のオーディションに合格。ハリウッドの大舞台で故松田優作が扮するヤクザの子分役として、高倉健とも共演を果たした。

「優作さんとは不思議なご縁で、初めてお会いしたのが1988年の11月6日。そして亡くなられたのが、ちょうど1年後でした。撮影でロサンゼルスに1か月滞在しましたが、その時に優作さんに食事に誘われて、俳優としての心構えを教えていただきました。高倉健さんはやっぱり、日本最後の映画スターですよね。おふたりとご一緒できてから、自然と映画の世界を意識するようになりました」

 予算わずか1000万円の『ガキ帝国』と、60億円のハリウッド大作『ブラック・レイン』という両極端な映画に関われたことも、國村に大きな影響を与えた。

「撮影規模も現場の雰囲気も全く違いますが、どちらも2時間ほどの面白い映画なんですよ。映画って、かけたお金に比例して面白いものができるものでもない。それに映画は世界中で上映されることもあります。それを理解した瞬間、“映画ってなんて面白いんやろう”って思いました」

 映画への熱い想いは尽きることがない。3月に日本公開された韓国映画『哭声/コクソン』(2016年)には、残虐な連続殺人事件が発生する村を舞台に、村人を恐怖に陥れていく“よそ者”で出演。迫真の演技が高く評価され、昨年11月、韓国最大級の映画賞である青龍映画賞で、外国人俳優として初の男優助演賞と人気スター賞を受賞した。

 今年11月4日公開のベルギー・フランス・カナダ合作映画『KOKORO』では、自殺を考えて日本海の断崖を訪れる人々にそっと寄り添い、心の傷を癒す元警官・ダイスケを演じている。日本だけでなく世界を舞台にさまざまな撮影現場を経験してきた國村だが、「どんな映画でも、現場に入るときの心づもりは全く変わらない」と話す。

「もちろん台本は読み込みますよ。でも、役というものは自分だけでつくるもんやない。現場で勝手に形づくられるものです。僕はひとりの被写体として映画に参加し、キャメラや照明、皆と一緒に作品をつくり上げていく。現場の違いがあるとすれば、監督の世界観だけ。『KOKORO』のヴァンニャ・ダルカンタラ監督と主演のイザベル・カレのふたりは、ともに穏やかな雰囲気の女性でした。現場に入ると僕もふたりと波長が合って、優しい雰囲気の映画に仕上がっています」

 デビューから41年。次々と新たな作品に挑み続ける國村だが、息抜きは愛車との時間。役者を目指す前は自動車のエンジニアになりたかったというだけあって、車の話になると目が輝き、自然と饒舌になる。撮影中は、車好きのカメラマンと話が盛り上がった。

「4年前にようやく、子供の頃から憧れていたポルシェのクラシックカーを手に入れました。最初はまるで自分の所有物っていう感覚がなかったですね。ドキドキして、自分の車なのに乗せていただいているという感じ。今でも購入した当初と変わらず新鮮で、ただ走っているだけで、なんでこんなに楽しいんやろう? って思う。エアコンがないので、真夏に乗ると汗だくになりますが、でも乗ります(笑い)」

 屈託のない笑顔。その柔和な表情で人のいい“おっちゃん”を演じたかと思えば、ギョロリとした目付きで強面の悪人も演じる。幾多の作品に出ながら決して役柄の色がつくことはない。

「役者とは何か」と尋ねると、しばし沈黙した後に答えが返ってきた。

「優作さんが、『いいか、俺たち俳優はメッセンジャーだからな』とおっしゃっていました。自分の考えを声高に話すことはないが、使い手から命を吹き込まれ、誰かの意を伝える。役者は傀儡、操り人形なんです。役者という“入れ物”を通して、心の中に潜む“何か”をお客さんに感じてもらう。たぶんそれが役者というものじゃないかと思います」

 スクリーンで見せる圧倒的な存在感。これからもずっと、國村は新たな顔を見せ続けてくれるのだろう。

【國村隼(くにむら・じゅん)】1955年生まれ、大阪府出身。俳優。『ガキ帝国』(1981年)で映画デビュー。リドリー・スコット監督の『ブラック・レイン』(1989年)に出演。以後、数多くの映画、ドラマで活躍。『萌の朱雀』(1997年)で映画初主演を果たす。昨年、韓国映画『哭声/コクソン』の演技が評価され、韓国最大級の青龍映画賞にて外国人として史上初の男優助演賞と人気スター賞をダブル受賞。11月4日からベルギー・フランス・カナダ合作映画『KOKORO』が東京・ユーロスペースほかにて全国順次ロードショー。12月には『鋼の錬金術師』『DESTINY 鎌倉ものがたり』が公開。2018年にジョン・ウー監督『追捕 MANHUNT(原題)』が日本公開予定。

●撮影/平郡政宏 取材・文/戸田梨恵

※週刊ポスト2017年11月10日号

あわせて読みたい

「芸能界」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ホロコースト揶揄を報告した防衛副大臣に呆れ 政府のガバナンスは完全崩壊か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月23日 10:46

  2. 2

    橋本会長、「選手のプレイブック違反」証拠をお見せします 出場資格を取り消せますか

    田中龍作

    07月23日 08:33

  3. 3

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  4. 4

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  5. 5

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  6. 6

    感染爆発は起こらないことが閣議決定されました

    LM-7

    07月23日 22:45

  7. 7

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  8. 8

    前例を覆した開会宣言 政府の緊急事態宣言よりも感じる「重み」

    階猛

    07月24日 10:39

  9. 9

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  10. 10

    五輪めぐる批判と応援 「矛盾」と切り捨てる必要はない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月24日 09:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。