記事

LIBORからの基準金利移行、代償払うが必要=パウエルFRB理事

[ニューヨーク 2日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)次期議長に指名される見込みのパウエル理事は、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)からの基準金利の移行は複雑で代償も払うが必要なものとの見解を示した。

ニューヨークでの会合にビデオで講演した同理事は、直接参加できなかったことを詫びた上で、移行はLIBORに依存していたブローカーディーラーなどに「かなりのコストを伴う」が、銀行による金利不正操作が明らかになった経緯もあり必要となる可能性が高いと述べた。

理事は「移行は複雑だと認めなければならない。残念ながら必要ではないと請け負うことはできない。複雑かつコストもかかるが必要だとうことが証明されるだろう」と述べた。

その上で「(移行期限の)2021年移行もLIBORは残る可能性があるが、市場参加者はそれを確実に想定できるとは思わない。LIBORが絶えず公表されるとは限らないリスクも考慮すべきだ」と述べた。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

  5. 5

    ヒトの善意で生物が死滅する恐れ

    fujipon

  6. 6

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  7. 7

    デジタル化の加速で高齢者に懸念

    船田元

  8. 8

    大阪都構想 橋下氏が悪目立ちか

    早川忠孝

  9. 9

    岡村隆史の結婚でNHKは一安心?

    渡邉裕二

  10. 10

    日本を利用し中国に媚売る文政権

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。