記事

「野党系が多数を占める新潟県は、国の予算が降りてこない異常事態にある」は本当か?

1/2

当県選出の3回生の国会議員の先生が、自らのブログで、「野党系が多数を占める新潟県において、『新潟県だけ』国の予算が下りてこない異常事態が続く可能性もあります。」と記載されています( https://ameblo.jp/tohru-ishizaki/entry-12322977670.html )。これは事実でしょうか?

責任ある立場の方の言で事実と異なる誤解が広がると、県としても困りますので、事実関係を指摘させていただきたいと思います。

先ず比較の対象として、平成21年度と、平成28年度を選びます。平成21年度は麻生内閣で、自民公明9人、野党11人です。これに対して平成28年度の安倍内閣では、自民公明11人、野党6人です。

したがって、まずもってなのですが、平成28年の方が平成21年当時より野党議員は少なく、かつ平成28年において与党議員の方が野党議員より多く、そもそもの大前提である「野党系が多数を占める新潟県」が間違いです。

次に、新潟県の公共事業国庫支出金額は、平成21年度が7位、平成28年度が4位ですので、平成28年度に与党議員が増えたから順位が上がったと言えなくもないのですが、それは災害等々にも依拠するので一概には言えず、いずれにせよ、「『新潟県だけ』国の予算が下りてこない異常事態」は発生していません。

更に、公共事業国庫支出金に占める新潟県の割合でみると、平成21年度が3.2%、平成28年度が3.1%で与党議員が増えた平成28年度に微減しています(変わりないとは思いますが)。尚新潟県の人口約240万人は日本の人口の約2%ですので、むしろ新潟県は公共事業において他県より割合が高く、「『新潟県だけ』国の予算が下りてこない異常事態」は、人口比で見ても全く発生していないものと言えます。

因みにこのブログには、これだけではなく多々単純な事実関係の誤りがありますので、指摘させていただきます。

あわせて読みたい

「国家予算」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    再々委託も 電通・パソナに疑惑

    田中龍作

  2. 2

    河井夫妻「Xデー」は6月18日か

    五十嵐仁

  3. 3

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  4. 4

    ブルーインパルス 文字を描いた?

    河野太郎

  5. 5

    香港民主化の女神「すごく怖い」

    NEWSポストセブン

  6. 6

    抗体簡易検査は「お金をドブに」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    給付金の再々委託 経産省に疑問

    大串博志

  8. 8

    黒人暴行死と特殊なアメリカ社会

    ヒロ

  9. 9

    よしのり氏 まゆゆは本物だった

    小林よしのり

  10. 10

    コロナの陰で反ワクチン派が台頭

    木村正人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。