記事

いよいよ国の正式なナイトタイムエコノミー振興が始まりました

1/2
拙著「夜遊びの経済学 世界が注目するナイトタイムエコノミー」が本年6月に発売されてからおよそ半年、当該企画が出版社から私の手元に来たのが昨年の11月ですから、そこから数えて丁度1年、やっと国側で正式なナイトタイムエコノミー振興の枠組みが始まりました。非常に順調な論議の拡大に喜ばしく思っております。以下、旬刊旅行新聞からの転載。

ナイトタイムエコノミー検討へ、有識者会議開く
http://www.ryoko-net.co.jp/?p=20417

観光庁はナイトタイムエコノミー(夜遊び経済)などの体験型観光の検討を始めた。各省庁と連携し課題を洗い出し、来年3月までに提言をとりまとめ、必要な取り組みを来年度の予算要求に反映させていく。2016年の訪日外国人旅行消費額のうち、「娯楽サービス費」は全体の3%(4275円)と割合が低く、課題が残る。観光資源の体験メニュー充実と、その体験満足度向上を掛け合わせ、地方誘客や訪日滞在での消費の底上げを目指す。

2015年の新語・流行語大賞に選ばれ、社会現象の一つにまでなっていた「爆買い」ブームがあっというまに沈静化してから2年。観光業界は「モノ消費からコト消費へ」なる表現をもって、ここに来て改めて体験型観光の検討を始めたわけです。

ただ、実は「体験型観光の推進」なんて政策目標は観光庁が設立された2008年あたりから、観光業界ではずっと叫ばれてきたものでありまして、「今までの体験型観光の推進と、これからの推進とは何が違うのか?」をちゃんと総括して頂かなければ、また標語だけが空転した挙句、なんも成果を生まないという今までと同じ結果になってしまうのではないでしょうか。

あわせて読みたい

「外国人観光客」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  3. 3

    鈴木宗男氏が、枝野代表の総裁選への指摘に苦言「論外」

    鈴木宗男

    09月19日 10:53

  4. 4

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  5. 5

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  6. 6

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  7. 7

    アンタタッチャブル「共演NG説」あった松本人志との共演急増のワケ

    NEWSポストセブン

    09月19日 09:23

  8. 8

    東京都医師会の尾崎会長 自身の医院でなぜ陽性者を受け入れていないのか

    NEWSポストセブン

    09月18日 17:04

  9. 9

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

  10. 10

    4候補のコロナ対策 立憲民主党含めて 具体策、実効性は乏しい

    中村ゆきつぐ

    09月19日 11:52

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。