記事

【読書感想】「ヒットソング」の作りかた 大滝詠一と日本ポップスの開拓者たち

1/2

Kindle版もあります。

内容紹介
伝説の名プロデューサーが、あの「名盤」誕生の真相を明かす。

なぜ彼らの歌は色褪せないのか? シュガー・ベイブや竹内まりや、加藤和彦、フリッパーズ・ギター、そして忌野清志郎+坂本龍一の「い・け・な・い ルージュマジック」など……、数々の大物ミュージシャンの音楽プロデュースを手掛け、今日まで40年以上業界の最前線で活動を続けてきた伝説の仕掛人が、彼らの素顔と、長く愛され、支持され続けるものづくりの秘密を明らかにする。

 著者は1960年代の半ばから現在(2017年)まで、音楽制作の現場で音楽ディレクター、プロデューサー等として活動されてきた方です。
 大瀧詠一さんや山下達郎さん、坂本龍一さんなど、名だたるアーティストと真剣勝負しながら、日本の音楽シーンの変遷をみてきた、というか、その変遷をつくりあげてきたのです。

 僕は1972年にユイ音楽出版で音楽ディレクターとして、1973年にON・アソシエイツ音楽出版でCM音楽ディレクターとして、音楽制作の道を歩み始めました。そこで素晴らしい才能と出会います。

 それが大滝詠一さんでした。大滝さんのCMソング作りの現場を通じて、僕はプロデュース、作曲、作詞、編曲、歌唱、演奏、レコーディング技術……、その一つひとつを会得するヒントをいただき、いえ、盗ませていただいたのです。

 CMソング「サイダー73」の詞を担当された伊藤アキラさんは、以前こう言っていました。「楽曲はもちろん素晴らしいものでした。加えて、「大滝商法」のおかげで思いのほか多くの印税をいただきました」。大滝さんは15秒、30秒のCMソングをレコード化して売るつもりで、最初から作品制作にあたっていました。後のナイアガラ・レコード構想は、出発点ですでにあったものなのです。

 こうした手法もまた、大滝さんから盗ませていただいたものの一つです。

 大滝さんから始まった縁は、円を描くように、シュガー・ベイブへ、坂本龍一さんへ、さらに細野晴臣さんへ、センチメンタル・シティ・ロマンスへ。そこから1980年代のノン・スタンダード・レーベル、90年代の「渋谷系」の時代へと続いていきます。

 この新書では、著者が実際に関わった、さまざまなアーティストの素顔やヒットソングが生まれるまでの経緯が紹介されています。
 興味深いのは、著者が彼らの音楽を現象として語るだけではなく、その技術的な側面についても簡潔に紹介していることなんですよね。

 今日、はっぴいえんどが日本のロック、あるいは広い意味でのポップスの始まりだと言われるのは、サウンド、アレンジというものを極めて重要視した音楽を生み出したことが大きいでしょう。60年代後半のグループサウンズや和製ロックでは、中低域の音、ベースやバスドラムの音に対する配慮がまったくと言っていいほどありませんでした。

 はっぴいえんどがこだわったのは、一つには、中低域がしっかりした音で作りたいということでした。曲作りの段階でサウンド、アレンジまで含めてそうしたイメージがしっかりとあり、それは決して譲れないものだったのです。はっぴいえんどは「日本語のロック」という面で評価され、それまでの「日本語のロックは英語のロックに劣る」というコンプレックスを駆逐したことが強調されがちですが、そのことと同じくらい、洋楽に匹敵するサウンドを構築したということも重要なのです。

 「日本語の歌詞」の功績が語られることが多い「はっぴいえんど」なのですが、サウンドやアレンジ面でも「洋楽に負けないもの」をつくりだした、ということなんですね。

 この本を読んでいると、大滝詠一さんや山下達郎さんの妥協しない仕事ぶりに、なんだか納得してしまうのです。

 ちなみに、大滝さんは、納得がいくものができるまで、徹底的にやるタイプで、山下さんは、「仕事が速く、三時間と言ったら三時間、五時間と言ったら五時間で仕上げてくれた」そうです。

 大滝さんは、良い音楽をつくるのと同時に「ヒットさせる」ということも、徹底的に追い求めていたのです。

「サイダー’73」の詞を伊藤アキラさんに頼むときに、「始まりはあ行でお願いします」と大滝さんが言ったという有名なエピソードからは、大滝流「ヒットソング」の作り方の一端がうかがえます。大滝さんは、

一拍目からリスナーを引き込むためにはインパクトのある「あ行」が効果的だということをわかっていました。この依頼を受け止めて伊藤アキラさんが書いたのが、ご存知の「あなたがジンとくる時は/私もジンとくるんです/サイダー」という出だしです。

 大滝さんは、多くの人の耳に残る曲の手法を理解していました。大正時代に大流行した「唱歌」には、じつはヒット曲作成のコツが詰まっています。例えば、野口雨情の唱歌「雨降りお月さん」や「青い目の人形」などには、歌いだしが「あ」から始まるものがたくさんあります。そしてリフレイン(繰り返し)が多く、耳に残ります。

 さらに「証城寺の狸囃子」など、振りがついている曲は盆踊りでも好まれました。踊れる曲のほうが売れやすいことも、大滝さんは十分にわかっていたのです。

あわせて読みたい

「音楽業界」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  2. 2

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  3. 3

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  4. 4

    コロナ禍で迷惑行為をするのは一部の人たち JR北海道も列車内での飲酒の自粛を呼び掛けよ

    猪野 亨

    08月04日 08:35

  5. 5

    「日本の携帯大手と正反対」ネトフリが幽霊会員をわざわざ退会させてしまうワケ

    PRESIDENT Online

    08月03日 16:00

  6. 6

    「横浜独立」で神奈川県は困らないの?-県と市はよきライバルに

    松沢しげふみ | 参議院議員(神奈川県選挙区)MATSUZAWA Shigefumi

    08月04日 08:36

  7. 7

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  8. 8

    2020年に米国人平均寿命は03年以来の低水準、日本は逆に最長のワケ

    My Big Apple NY

    08月03日 22:17

  9. 9

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  10. 10

    強豪スペインと渡り合ったサッカー日本代表 最後まで希望を失わない全員攻撃に感動

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    08月04日 08:58

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。