記事

11/16/2011 築地市場桟橋撤去工事強行に対する抗議要請

東京都中央卸売市場築地市場。昭和10年に開設されてから、日本最大級の魚市場として、首都圏の食生活をまかなってきた一大拠点。70年以上も営業を続ける市場の再整備が1991年から始まったが、石原都政誕生後の2001年、都は築地から豊洲への移転を正式に公表した。

リンク先を見る

撤去作業が行われている「都民の台所」、築地市場の桟橋部分。誰の目にも触れられることなく、着々と工事は進んでいる


移転先にあげられているのは、豊洲の「東京ガス工場跡地」。ベンゼン、シアン化合物、ヒ素、鉛、水銀、六価クロム、カドミウムの化学物質を始め、発がん性物質のベンゾピレンも、検出されている汚染地帯だ。満足の行く土壌汚染対策工事も進まない中、強行に移転計画が進めば、汚染された魚を食べるリスクは避けられない。放射線物質同様、化学物質も目に見えない。農林水産省は、安全性を確保できないうちは、「ただちに『移転』ではない」としている中、11月16日、国交省と東京都による、強行な工事が始まった。

画像を見る

2ヶ月前に始められるべき工事は、予定より大幅に遅れている

合意形成のない、工事のための工事


今回の、「環状2号線整備による、不要な桟橋部分の撤去工事」は、11月16日の13時にスタート。東京中央市場労働組合などから約100名と、仲卸業者の約15人が桟橋付近に集まり、即時中止の要請行動を行った。(後段に、iPhone中継によるアーカイブ動画リスト)読み上げられた要請書には、関係者の合意形成が不十分であること、工事で撤去される桟橋は、市場の重要な営業動線であり、業務に大きな支障となること、ただの一度も説明会さえ開かれておらず、容認できないという内容。立ち会っていた東京都職員は、「関係者への説明は済み、合意を得ている」と答えたが、もちろんそれは、一部の「関係者」に対して「クローズド」な場で行われたに過ぎない。

要請書を読み上げただけで終わりを見せかけた抗議要請だったが、仲卸業者の数名が、「こっちは毎日の生活に影響が出る」と、即座に座り込みを始めた。たった10名程度の座り込み行動は、夕方5時まで続き、工事を受注する大成建設は、フェンスの囲い込み工事を中断。しかし、翌日には、フェンスは建てられ、工事エリアで座り込みをすることも許されず、工事に着手。現在も続行している(上段の写真は工事3日目)。もし、このまま工事が進めば、市場の施設内へと手は伸び、一部の業者は立ち退きを迫られる。しかし、一番の「関係者」である仲卸業者との合意形成がなければ、「人」の立ち退きは容易ではなく、過去のような「一部の関係者」を、「クローズドな場」で説得する手法は通らない。「これは勝てる闘いです」。マイクに向かってそう話した、東京中央市場労働組合の中澤氏らが抗議を始めて、5年間が経つ。当日の要請行動と、仲卸業者らの座り込みの模様は下記のアーカイブに記録されている。

1) 当日の抗議活動の模様 (Ustreamアーカイブ)



続き
2) http://www.ustream.tv/recorded/18547645


「ドキュメント築地市場移転」絶賛販売中!!


震災で液状化し、深刻な土壌汚染にまみれた豊洲へ移転!? 本気(マジ)で?

「ドキュメント築地市場移転」販売サイトはこちらから


マスメディアが絶対伝えない市場移転問題の真相を、岩上安身が鋭く暴きだす!豊洲に市場を移転すると何が起こるのか? なぜ都は反対の声にも関わらず移転を強行しようとするのか?移転の背景に隠された意図とは?11月16日に要請行動に参加した、面々も登場し、インタビューで明らかにします。

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  3. 3

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

  4. 4

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

  5. 5

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  6. 6

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

  9. 9

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  10. 10

    「マスクは有効」東大実証を称賛

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。