記事

クイズダービーで活躍「篠沢教授」愛読書は少女マンガ

『写真:読売新聞/AFLO』
『写真:読売新聞/AFLO』

「『クイズダービー』は、楽しんでやっていました。主人は、できないことはできなくていいっていう人で、家で番組のための勉強はしていなかったですね。私は『パパは、当たらないほうがいいよ』と言ってましたね。当たると人気がなくなるから(笑)」

 10月26日に亡くなった、学習院大学名誉教授の篠沢秀夫さん(享年84)を、妻・礼子さん(77)はそう回想する。『クイズダービー』(TBS系)の解答者として、珍解答でお茶の間を楽しませた「篠沢教授の全部」を振り返り、故人を偲びたい。

 じつは、篠沢教授は礼子さんとは再婚。東大大学院修了後、フランス政府給費留学生だった時代に最初の奥さんを、パリ郊外での交通事故で亡くしている。運転していたのは篠沢教授だった。その奥さんとの間に生まれた長男も、15歳のとき海の事故で帰らぬ人に。

「『クイズダービー』に出始めたのは、子供を亡くしたばかりのときでした。出演は気分転換になったのだと思う。学校以外の世界が楽しかったのでしょう。収録の日は、お昼にビフテキのようないいお食事を食べて、自分を楽しい状態にして、ニコニコして出かけていました」(礼子さん)

 学生時代の教授は、役者志望だった。“背が低くて顔が大きい” というので諦め、研究者の道へ。仏留学から帰ってくると、学習院大学の仏文科の非常勤講師になった。そのころ大学を卒業して、研究室の職員となったのが7歳年下の礼子さん。結婚は2年後だった。

 新婚旅行は三重県の志摩半島。教授は「毎日観光するとくたびれる」と言って、新郎新婦はホテルでモノポリーをしていたという。

 ただ、大学の教室では、厳しい教授だった。学生の私語・居眠りは厳禁。テレビ出演を理由の休講はない。居眠りする学生の頭を、教科書を丸めて叩いたこともあった。

「学校では真面目な先生だったみたいですけど、お店には寝間着、下駄履き姿でふらっと立ち寄って、馬鹿話をされてました」

 こう話すのは、自宅近くの桔梗屋書店の店主・秋山栄一さん(69)。

「『文藝春秋』を定期購読されてました。それから『少年キング』『マーガレット』『少女フレンド』。少女マンガは奥様が読まれたあと、先生も読んでいたと思います」

 なんと、教授は少女マンガを定期購読していたのだ。

 74歳のときから体調に異変を感じ、翌年、ALS(筋萎縮性側索硬化症)と診断された。運動神経系の働きが阻害され、徐々に体が動かなくなる難病。それからの8年は闘病の日々だった――。

(週刊FLASH 2017年11月14日号)

あわせて読みたい

「バラエティ番組」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    韓国で増えるコロナ新規感染者 日本との違いはワクチンか

    ニッセイ基礎研究所

    11月27日 09:38

  2. 2

    石破茂氏「核兵器の保有も白地的に議論される韓国の動向に日本は関心を持つべき」

    石破茂

    11月27日 16:18

  3. 3

    現役世代への負担増、コストの高いクーポンばらまき…岸田内閣の経済対策は大問題だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    11月27日 10:41

  4. 4

    年収1000万円以上の世帯が4割超 東京23区の“超高収入エリア”は

    NEWSポストセブン

    11月27日 16:34

  5. 5

    ひさしぶりの良作なのにかわいそう…NHKが朝ドラ存続のために今すぐやるべきこと

    PRESIDENT Online

    11月27日 11:53

  6. 6

    ο(オミクロン)株は第6波になる可能性

    中村ゆきつぐ

    11月27日 09:39

  7. 7

    「イヤなことを連続でさせると無気力になる」。子どもの熱量を冷まさないで。(野田クリスタル)

    ベネッセ 教育情報サイト

    11月27日 15:23

  8. 8

    オミクロン株の国内流入を水際で防げたら、岸田内閣はさすが、と言えるのだが・・

    早川忠孝

    11月27日 14:23

  9. 9

    南アの保健相「規範に反している」と批判 世界各国による渡航制限の決定受けて

    ABEMA TIMES

    11月27日 17:57

  10. 10

    実質GDPがコロナ前の水準に戻っても経済正常化とは言えない理由 - 斎藤 太郎

    ニッセイ基礎研究所

    11月27日 16:17

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。