記事

10月31日(火) ムネオ日記

 選挙から1週間以上過ぎたが、テレビのワイドショーでは今日も「希望の党」の動きを報道している。これだけでも党名の知名度は上がり、認知度が高くなる。

希望の党の立ち上げに一躍買った若狭勝氏が落選してから小池百合子代表に対してのさまざまな発信が話題として取り上げられている。

 国会議員として3年の経験しかないのに何10年もやったかのような扱いである。

 1回負けたからといって「もう選挙には出ません。国政に戻る気はありません」と言える若狭氏の呆気らかんさに今の政治家を表している。

 「俺が政治家だ、私が政治家になってこんな国創り、故郷創りをするんだ」という気概を持って政治家になるんだと手を上げるのが当たり前で、1回負けても2回負けてもまだやる。3回やって負けたらどうするかと考えるのが通例だったが、小選挙区制になってからは1回負けるとさっさと諦めて政界を離れてしまう。

 もともと「志(こころざし)」や「公(おおやけ)」の気持ちのない人が間違って政治家になってしまうことの不幸である。

 これで良いのかという思いを持ちながら、鈴木宗男は鈴木宗男の生き様をして参りたい。

あわせて読みたい

「若狭勝」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国すり寄り止まらぬ岩屋防衛相

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    ラオスのダム決壊 韓国と協議中

    tenten99

  3. 3

    嫌韓が高齢者に多いのはなぜか

    WEDGE Infinity

  4. 4

    セブン廃棄ロス策 5%還元に呆れ

    永江一石

  5. 5

    丸山議員は辞職不要 使える存在

    奥山真司

  6. 6

    恩知らずは消える 芸能界の現実

    倉持由香

  7. 7

    AKB商法 秋元康の汚点になる恐れ

    PRESIDENT Online

  8. 8

    批判に弱い幻冬舎の見城徹社長

    渡邉裕二

  9. 9

    のん巡る裁判で異例の事実が発覚

    SmartFLASH

  10. 10

    北方領土「武力奪還」は認識不足

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。