記事

ニュースへの信頼度、従来の媒体がネットメディア上回る=調査

[ロンドン 31日 ロイター] - 調査会社カンターが米国、ブラジル、英国、フランスで8000人に対して行った調査で、ネットのみを通じて配信されているメディアに比べ、新聞・雑誌・テレビなど伝統的なメディアに対する一般の信頼度がより高いことが分かった。

米国では、昨年のトランプ大統領当選を狙った偽情報がオンラインで拡散したと主流メディアが報じたのに対し、大統領は従来メディア事態がフェイクニュースをねつ造したと非難している。

調査では、フェイクニュースを知った結果ソーシャルメディアにおける政治・選挙関連ニュースへの信頼が弱まったと答えた回答者が全体の58%に達した。主流メディアについて、この割合は24%だった。

カンターは「主流メディアにフェイクニュースのレッテルを張る試みはおおむね失敗に終わっている」と指摘した。

メディア別に見ると、掘り下げの深さや論説、分析に関して、雑誌やテレビのニュースチャンネル、ラジオ、新聞を上位に挙げた回答者の割合が、ソーシャルメディアのニュースを挙げた回答者よりはるかに高かった。

調査は「ニュース視聴者のレベルが低いなどということは決してなく、まじめな内容を求めている。そのようなコンテンツを提供すれば、ニュース提供側と視聴者のオンライン・オフラインの関係の本質が深められるだろう」としている。

ただ、フェイクニュースの定義についてはコンセンサスや明快な解釈がなく、回答者の58%がフェイクニュースとは主流メディアが意図的にねつ造した記事と答える一方、42%が報道機関になりすました人物が配信する記事と回答した。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

あわせて読みたい

「ニュースサイト」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  3. 3

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  5. 5

    鬼滅旋風で頭抱える映画配給会社

    文春オンライン

  6. 6

    都構想リーク記事に陰謀の匂い

    青山まさゆき

  7. 7

    杉田議員が差別発言繰り返す背景

    文春オンライン

  8. 8

    若者の提案に上司「立場を失う」

    文春オンライン

  9. 9

    精子提供を年間100回 男性の葛藤

    ABEMA TIMES

  10. 10

    タワマン強盗の恐怖を被害者激白

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。