記事

原子力消極的賛成派の方々へ その1

1/2
原発反対論に思う


発生以来1ヶ月が経過したのに、福島第一原発の事故は一向に収まりそうにない。発電所自体の事故収束はいつなのか、放射能の拡散はどのくらいなのか関連地域の住民の不安、不信は大きくなる一方である。

当然予想されたように、原発反対の意見が勢いを増している。ここで注意したいのは、原発をこれまで容認していた人たちも、決して手放しで全面的に賛成していたわけではない、ということだ。つまり、我々の日常生活に必要な電力需要確保のために原発なしではエネルギー政策は成立しないと考え、多くの人たちは原発に消極的に賛同していたのだ。

この視点で考えると、原発反対論に欠けているのは、次の2点である。
第1に、仮に原発を認めないとして、代替の電力エネルギーをどうするかの議論である。皆が期待する太陽光、風力などはまだ安定した電力供給とは成りえない。

水力も頭打ちである。となると石油、石炭などの化石燃料に依存するしかない。これに依存した時生じる地球温暖化はどうなるのかに、まともな返事は聞こえてこない。

第2に、となると電力需要をどう抑制するのかの視点が欠かせない。しかしながら原発反対の論者には全くと言っていいほど、具体的提案がない。
おそらく便利になりすぎた日常生活を、30〜40年ほど前に戻すぐらいの覚悟がないと原発反対に現実味がないのだ。さらに、国民に対してこれらの課題をどう実行させるかの具体策も必要だ。

以上、2点についての国民的な検討は不可欠である。単に原発は嫌だからという感情論だけでは、議論は進まない。(安曇野)
 (経済気象台 朝日新聞 2011,4,22朝刊)

http://www.asahi.com/business/topics/column/TKY201104230279.html

いやあ、馬鹿な文章ですね。この経済気象台は「この欄は、第一線で活躍している経済人、学者など社外筆者の執筆によるものです」

とありますが、いつも“第一線で活躍している経済人、学者”なる連中のくだらなさが引き立つ晒し者企画として読んでますが、それにしても原発厨のテンプレみたいな文章に笑い転げてしまいました。ついでに云っておけば、この(安曇野)なる人物のコラムはいつもこんな文章ばかりです。

まず、日本におけるエネルギー政策がまったく理解できていません。原発は繋ぎのエネルギーだが、無くすなら代替エネルギーが必要、というのは、TMIでもチェルノブイリでも言われていた言葉だというのは既に前回エントリーで示したとおりですが、その後、エネルギー需要を抑制していこう、という政策は取られなかったわけです。

むしろ、あのバブリー全盛の80年、90年代と比べても1.6倍以上の電力消費。原発ももちろん増加したわけです。原発消極的賛同者、はそうした状況をどう判断します?消極的容認、というなら、電力需要抑制には積極的賛成するべきだったと思いますけどね。実際には、電力需要も原子力も、消極的容認=やむをえない選択、繋ぎの手段だ、などという考えなどせせら笑うように拡大されてきたわけです。

ですから、本当に消極的賛成なら、原発廃止にコミットしたって大丈夫ですよ。原子力はそれこそ政財官学全部が総動員で進んできたんですから。

地域独占企業の電力会社が広告をマスコミに出すのも、文科省が副読本に原子力を教えるのも、地域に電源三法交付金をばらまくのも、反原発活動に公安調査庁や公安警察が監視を強めるのも、芸能人に原発の宣伝させ、拒否すると締め出すのも、電力事業に参入すると買電価格を低く抑えるのも、自民党議員に献金を行い選挙に関連企業社員を動員するのも、全部原子力を進めるためなんです。

あなたが少々反対を唱えたところで簡単に止まるようなものではありません。むしろ、皆が原発反対を叫んで、ようやく増設が止まる程度のものでしょう。それくらい、原子力推進の慣性は大きいものなのです。

でも、代替エネルギーが問題じゃないか、ですって?そりゃ、誤解です。代替できるだけの技術はあります。単に、実行に繋げようとしないだけの問題です。むしろ、「代替エネルギーは役立たない」と宣伝し続けたのが問題。まあ、かつて散々騒いでいた「原子力は安価」というヨタ話は、今回の事故で誰から見ても化けの皮が剥げましたから、そちらはいいでしょう。莫大な公的関与なしには原子力は進まなかった。アメリカでは冷戦時には原発建設が進みましたが、電力自由化が進むと割に合わなくなります。

東電・東芝参加の米原発増設断念へ 操業見通し立たず
http://www.asahi.com/business/update/0420/TKY201104200151.html

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  3. 3

    処理水の安全 漁業側が自信持て

    山崎 毅(食の安全と安心)

  4. 4

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  5. 5

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  6. 6

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

  7. 7

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  8. 8

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

  9. 9

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  10. 10

    ロンブー淳 TVに抱く気持ち悪さ

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。