記事

議席数に応じた質問時間配分って一体何だ!

政府・与党が、国会での与野党の質問時間配分の見直しを言い出したことだけでも、選挙が終わった途端に何と傲慢な!と思っていました。

ところが今日の与党側の提案はそれを上回る傲慢さ。議席数に応じて質問時間を決めるべし、と。

今まで例えば予算委員会での質問時間配分は概ね与党2、野党8というもの。多少の違いはあっても野党側が多く質問するのが、長い間の国会のあり方でした。

それを仮に議席数に応じた形にすると、与党7、野党3程度になるのではないでしょうか。国会では与党側の、現状追認のような質疑が延々と続くことになります。しかもこれを一度認めると、次の国会以降もずっとこれでいこうと与党側は言うでしょう。

言語道断なこの政府・与党の提案。国会は政府の追認機関ではありません。絶対に認められません。

あわせて読みたい

「希望の党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    今年はAmazonセールよりPayPay

    永江一石

  2. 2

    あおり事故 原因は運転の楽しさ

    赤木智弘

  3. 3

    韓国経済が低迷 文政権の陥る罠

    MONEY VOICE

  4. 4

    日産社長の逮捕も避けられないか

    郷原信郎

  5. 5

    ソフトバンク HUAWEI問題で難局

    MAG2 NEWS

  6. 6

    パリの暴動 スタバが襲撃対象に

    田中龍作

  7. 7

    堀江氏 ゴーン氏逮捕の必要ある?

    AbemaTIMES

  8. 8

    日産社長 切られる前に切ったか

    片山 修

  9. 9

    たけしでも逃れられぬ老後の孤独

    fujipon

  10. 10

    日銀元関係者が匂わす秘密の存在

    久保田博幸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。