記事

カザフスタンが表記文字を変更、ロシア文字からローマ字へ

[アルマトイ 27日 ロイター] - 中央アジアのカザフスタンのナザルバエフ大統領は26日、カザフ語の表記文字を、現在のロシア語のアルファベットに基づくキリル文字から、ラテン文字であるローマ字に変更する準備を整えるよう担当部署に指示した。変更は徐々に実施されるという。

カザフは1920年代まではアラビア文字のアルファベットを用いていたが、その後、ソ連が一時的にラテン文字を導入。しかし、1940年には現在のキリル文字が採用された。

過去100年の間に3度目となる今回の文字変更だが、テクノロジーの進化も一因になっている。現在のキリル文字は42文字で、キーボードのキーが多いなど、デジタル機器を使用する際、面倒なことが多いという。

旧ソ連構成国で石油資源の豊富なカザフスタンはロシアとの結びつきが強いが、政治的影響力の維持を狙うロシアへの警戒心も根強く、今回のキリル文字使用中止は独立国家であることを強調する意味合いもあるとみられている。

あわせて読みたい

「カザフスタン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    秋篠宮夫妻 公用車傷だらけの訳

    NEWSポストセブン

  2. 2

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  3. 3

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  4. 4

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

  5. 5

    宗男氏 桜疑惑めぐる報道に苦言

    鈴木宗男

  6. 6

    医師 GoTo自粛要請は過剰な対応

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    コロナは若者に蔓延? 医師が仮説

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    感染増の原因はGoToだけではない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    在宅勤務でも都心に住むべき理由

    PRESIDENT Online

  10. 10

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。