記事

「JFK暗殺」54年目の真実、トランプ大統領が暴く意図

【いま明かす意図は?(トランプ氏のFacebookより)】

 なぜ、米政府はこのタイミングでの「公開」に踏み切ったのか。1963年11月22日、テキサス州ダラスを訪問中に暗殺されたジョン・F・ケネディ大統領。50年以上も非公開とされてきたCIA(米中央情報局)やFBI(米連邦捜査局)の捜査資料など2800点が10月26日、公開された(CIAなどが公開延期を求めた一部文書の公表は見送られた)。

「米政府は事件直後に逮捕された元海兵隊員のリー・ハーヴェイ・オズワルド容疑者による『単独犯』と結論づけています。ただ、オズワルドが移送中に多くの警察官の目の前で殺害されるなど、不可解な点が数多くあり、米国では単独犯説を信じる人のほうが少ない」(在米ジャーナリスト)

 そのため10月21日にトランプ大統領がツイッターで〈JFKファイルの公開を認める〉と表明すると、大きな話題を呼んだ。

 ケネディ暗殺については、対キューバ政策を巡って対立していたCIAの関与や、リンドン・ジョンソン副大統領(当時)、米国内のマフィア組織、ソ連の諜報機関KGBなどが「黒幕」とする説が囁かれてきた。

 今回の資料公開で最大のポイントとされるのが「オズワルドの事件直前のメキシコ訪問」の真相が明らかになるかだ。

「1963年9月にオズワルドはメキシコのソ連大使館、キューバ大使館を訪れたことが明らかになっているが、その目的が何だったのか、CIAがそれを把握しながら放置したのではないか、といった謎が残されている。米CNNなどでも資料公開に先立ってメキシコ訪問の経緯が明らかになる可能性に言及している」(同前)

 ただ、膨大な資料の検証には相当の時間がかかると考えられる。米国政治史に詳しいジャーナリスト・中岡望氏はこういう。

「公開に踏み切ったのはトランプ大統領にメリットがあるからと考えるのが自然。政権幹部が相次いで辞任し、与党・共和党との関係も悪化して法人税減税などの公約実現の目途も立っていない。確実に国民の一大関心事となるケネディ暗殺の資料の公開で、自身への批判から目をそらす狙いがあったと考えられる。たとえ米政府に不都合な真実が明らかになっても、トランプ氏が責任を追及される話ではないから構わない、と考えたのではないか」

 そんな背景があるトランプ氏の決断の結果、どんな「54年目の真実」が明らかになるのか。

※週刊ポスト2017年11月10日号

あわせて読みたい

「ジョン・F・ケネディ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    山本太郎氏「汚染水の海洋放出は約束を反故にした許し難い暴挙」

    山本太郎

    04月17日 16:35

  2. 2

    「お前を消す方法」でお馴染み!? Windows懐かしのOfficeイルカの現在

    文春オンライン

    04月17日 10:38

  3. 3

    霞ヶ関は人気のない職場……で良いのか

    大串博志

    04月17日 08:09

  4. 4

    特に得点はなかったようだが、何はともあれ目立った失点がなかったのはいいことだろう

    早川忠孝

    04月17日 17:19

  5. 5

    マクドナルド、ワタミの取り組みにヒント?正念場を迎える対消費者ビジネス

    大関暁夫

    04月17日 12:37

  6. 6

    「学校は無理に行くところじゃない」と現役教員が思う理由

    不登校新聞

    04月17日 14:49

  7. 7

    報じられない聖火リレーの真実 大音量のスポンサー車両がズラリ

    NEWSポストセブン

    04月17日 17:06

  8. 8

    被災地で甦った戦火の記憶。「熊本に凱旋」今なお諦めずに…ハリルホジッチ氏独占取材

    塩畑大輔

    04月16日 10:03

  9. 9

    なぜ今なのか-処理水放出と少年法改正

    階猛

    04月17日 09:13

  10. 10

    名ばかりのオリンピックになっても「開催出来れば、それで成功」

    早川忠孝

    04月17日 18:42

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。