記事

久慈暁子に角谷暁子……新人女子アナ「私服」大バトル

■久慈暁子アナ

『久慈暁子アナ』

『久慈暁子アナ』

 テレビ局の新人女子アナたちの、ふだん見られぬ私服姿でオシャレ対決!
 まずはフジテレビの久慈暁子アナ(23)。史上最速で『めざまし』レギュラーに抜擢。フジが社運をかける次世代のエースだ。

「ボーダーに黒パンツはよいが足元×。パンプスかバレエ靴でフレンチにまとめて欲しい」(スタイリストTさん、以下同)

■海老原優香アナ

『海老原優香アナ』

『海老原優香アナ』

 同じくフジの海老原優香アナ(23)。同期の久慈アナといつも比べられるが、こちらも最速で『とくダネ!』レギュラー決定。

「バランスが素晴らしい! 大人っぽいのにVネック・ノースリで抜け感もある」

■後呂有紗アナ

『後呂有紗アナ』

『後呂有紗アナ』

 続いて日本テレビの後呂有紗アナ(23)。幼少期から続けるバレエで培った痩身スタイルで、凜としたキレイ系アナの注目株だ。

「白黒ベーシックはいいが冠婚葬祭ぽい。かっちりしすぎなので小物で色を差して」

■角谷暁子アナ

『角谷暁子アナ』

『角谷暁子アナ』

 最後はテレビ東京の角谷暁子アナ(23)。業界史上最速の入社5日めにテレビ画面に登場した伝説が。本誌が深夜愛を報じた。

「上下甘テイストなのでバランス悪い。どちらかをシンプルに、またはノースリもよい」

 ファッションチェックをしてくれた、スタリリストのTさんがまとめる。

「全体的に、バランスが悪いですね。靴やバッグもファッションの一部。引き算を心掛ければこなれ感が出る。海老原さんはその点が抜群に上手だから1位」

 秋期の視聴率争いに波乱のきざしも?

あわせて読みたい

「テレビ業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    開成退学処分 謎呼ぶ替え玉騒動

    NEWSポストセブン

  2. 2

    安倍疑惑追及に弁護士視点で苦言

    青山まさゆき

  3. 3

    河野氏 行政の押印手続き1万種超

    河野太郎

  4. 4

    ディズニーが中国依存強め大誤算

    PRESIDENT Online

  5. 5

    生きてれば 半沢妻の言葉に感動

    松田公太

  6. 6

    不便なマイナンバーの改善を急げ

    WEDGE Infinity

  7. 7

    「愛子天皇」誕生の機運が高まる

    文春オンライン

  8. 8

    キングオブコント芸人は喋りすぎ

    メディアゴン

  9. 9

    コロナで行列増 中高年「勘弁」

    中村伊知哉

  10. 10

    政府の代弁者が重宝されるTV業界

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。