記事

大間原発建設予定地内にある「あさこはうす」の現在 - 上田眞実

画像を見る

 

 青森県下北半島の大間町に大間原子力発電所の建設の話が持ち上がってから35年。土地買収が進む中、最後まで土地を売らず、原発建設を阻止してきた故・熊谷あさ子さんと娘の小笠原厚子さん(写真左)。

 5年前、あさ子さんは亡くなったが、現在も厚子さんが建設予定地内にある「あさこはうす」と名づけられたログハウスに住む。電力は太陽光や風力による発電でまかなっている。

 11月25日、東京都内で厚子さんとルポライターの鎌田慧さん(写真右)の記者会見が開かれた(主催は自由報道協会)。鎌田さんは、あさ子さんと厚子さんの母娘が国策の原発建設に反対し、周囲が札束攻勢に屈する中で、軋轢(あつれき)を生じてきたことをルポした。

 厚子さんは「福島第1原子力発電所で事故が起きてから、『頑張れ』と声をかけてくれる住民も現れた。しかし、それも5人ぐらい。母が生きていたときから、こちらが挨拶しても、住民に無視される。こういう関係は簡単に変わらない」と話した。

 鎌田さんは「原発の建設予定地内に『あさこはうす』があるにもかかわらず、工事が始まっている(福島第1原発事故後、中断)。経済産業省が認めたからだし、マスコミが批判しないからでもある。国民の無関心が『あさこはうす』を孤立させている」と指摘した。

 「福島第1原発事故後、『あさこはうす』を訪れる人が増えてきた」と厚子さんは言う。

 一方、この日の記者会見に合わせるように、大間町は国などに対し、大間原発の工事の再開を要望することを発表した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    満員電車ゼロ 小池知事は今やれ

    藤田孝典

  3. 3

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  4. 4

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

  5. 5

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  6. 6

    コロナ患者かかった病院実名公開

    PRESIDENT Online

  7. 7

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  8. 8

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  9. 9

    よしのり氏 政府の持久戦を支持

    小林よしのり

  10. 10

    政治を動かした医学専門家の責任

    篠田 英朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。