記事

「野郎ラーメン」が月額8600円で1日1杯の定額サービス 月12杯で元が取れる計算「小遣いを気にせず、お腹いっぱいに」

豚骨野郎780円(税込)
豚骨野郎780円(税込)

飲食業のフードリヴァンプは11月1日から、同社運営のラーメンチェーン店「野郎ラーメン」で定額サービス「一日一杯野郎ラーメン生活」の提供を開始する。

同サービスは同日配信開始の「野郎ラーメンアプリ」をダウンロードの上、月額8600円(ヤロウ/税抜)支払うと1日1杯、野郎ラーメンを楽しむことができるというもの。

毎日「野郎ラーメン」が食べられる、対象は18~38歳の食べ盛り・働き盛りの男女

男性も、女性も、野郎ラーメン生活!
男性も、女性も、野郎ラーメン生活!

ラーメンは「豚骨野郎」(税込780円)、「汁無し野郎」(税込830円)、「味噌野郎」(税込880円)の3種類から選ぶことができる。また同店が以前発行していた1300円相当のサービスが受けられる「ブタックカード」、他クーポンとの併用も可能だ。

野郎ラーメンは渋谷、恵比寿、新橋、秋葉原など、都内近郊に15店舗を構えており、同サービスは全店舗で利用できる。決済などの手続きはアプリ内の「一日一杯野郎ラーメン生活」パスポートをタップし、店舗番号を入れて店員に見せるのみ。

元を取るには、豚骨豚野郎だと月12杯食べることになる。1か月31日間毎日食べれば2万4180円分にもなるため、週3でラーメンを食べる人にとっては非常にお得なサービスと言えそうだ。

しかしなぜ赤字にもなりかねないサービスを始めたのだろうか。同社広報担当者は、「お腹いっぱいになってほしいからですね」と話す。サービスの対象が18~38歳であることを挙げ、

「僕もサラリーマンなんですけど、食べ盛りの学生、働き盛りの会社員にはお小遣い制という人も多いです。残金を気にして、お昼ごはんはパンだけというのは可哀想……とまではいいませんが、定額制だと安心してお腹いっぱい食べられますよね」

と話す。目標ダウンロード数を聞くと、「設定していない」とのことだ。

「常連のお客様はもちろん、男性も女性も、仕事の第一戦で活躍するための力の糧になればと思っています。『野郎ラーメンに来たらお腹いっぱいになれる』と広く知っていただけたら嬉しいです」

ちなみに同担当者もアプリをダウンロードしてサービス利用する予定だという。

同アプリは「1日一杯野郎ラーメン生活」パスポートが利用できる他、新商品などの情報が発信される。今後もさまざまな優待特典などのサービス展開が行われる予定だ。

あわせて読みたい

「ラーメン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。