記事

フランスでバター不足が深刻化、クロワッサンなどに打撃

[パリ 24日 ロイター] - フランスでバター不足が深刻化し、商品の棚が空になるスーパーが出るなどの事態が発生している。

欧州連合(EU)が2015年に生乳の生産上限を撤廃し、価格が急落したため、昨年は生産者が生産を削減。これに加え、一時は健康的でないとして避けていた消費者がバターをより好むようになったことに伴う世界的な需要増で、品不足に拍車がかかっている。

特にバターは、過去1年間でキロ当たりの価格がそれまでの2倍となる6ユーロ(約800円)を超える記録的水準に達し、材料の4分の1をバターが占めるクロワッサンや焼き菓子メーカーは苦戦を強いられている。

乳製品市場では、需要が最盛期となる年末の休暇シーズンまでは品不足の影響が続くとみられている。

あわせて読みたい

「バター」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    給付金2回目求める声殺到に衝撃

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    トヨタ Apple車参入で下請けに?

    大関暁夫

  3. 3

    マスク拒否の男 逮捕時は大暴れ

    文春オンライン

  4. 4

    秋葉原メイドカフェはバブル状態

    文春オンライン

  5. 5

    鈴木拓300万円使うもYouTube挫折

    SmartFLASH

  6. 6

    雇用保険を否定? 厚労省の暴言

    田中龍作

  7. 7

    石破氏 コロナ報道に強い違和感

    石破茂

  8. 8

    菅政権 半年も過ぎれば本領発揮

    鈴木宗男

  9. 9

    京都市財政難 寺社の協力不可欠

    川北英隆

  10. 10

    20年後の日本は「超独身大国」

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。