記事

【カイロ民衆蜂起・第2幕】 金曜礼拝に1万人超 軍、警察は姿見せず

画像を見る
アラーアクバル。人々はメッカの方角に向かって深々と頭を下げた。=25日(現地時間)、タハリール広場。写真:筆者撮影=

 25日、今回のタハリール広場占拠後、初めての金曜礼拝が行われた。前回(1月~2月)の市民革命の際、第1回目の金曜礼拝で数十人の若者が治安警察によって射殺されている。

 権力者と取巻きだけが暴利を貪るのは「神の下の平等」を定めたイスラムの教えに反する。独裁政権への反発が高まる金曜礼拝は、政権にとって目障りな行事なのである。今回の蜂起でも38人がすでに死亡している。

 この日も、緊迫した金曜礼拝となることが予想された。礼拝は12時頃から始まるのにもかかわらず、タハリール広場には朝から民衆が押し寄せた。礼拝の前ぶれとなるアッザーンが流れる頃、広場は身動きもとれないほどの人で埋め尽くされた。1万人は軽く超えているだろう。

 高僧が説法を始めた。マイクのボリュームは一杯だ。「我々は殉教者のためにも今の体制を終焉させなければならない。タンタウィ(軍最高評議会議長)らのおかげで我々はまともな生活ができない。体制を握る人々はずっと働いていない。彼らを裁判所に送って罪人と同じ扱いにしなければならない…(後略)」。

 20分間ほどの説法が終わると、民衆はメッカの方角に向かって祈りを捧げた。「アラーアクバル(神は偉大なり)」と唱えながら頭を地面スレスレにつけるイスラム独特の礼法である。1万人を超える人々の衣擦れの音が、厳粛に響いた。

 左足に分厚く包帯を巻いて礼拝に参加しているのは、シャバン・アブアジズさん(56歳・タクシー運転手)だ。警察から棒で打たれ足を負傷した。月収は1千エジプト・ポンド(約1万3千円)。「収入が少なくて生活が厳しい。タンタウィは一般市民を殺してもいいと思っている。早く刑務所に送るべきだ」。

 「私を千回殺して下さい。それでもここに居続けます」と書いたプラカードを掲げる青年の傍を「我々は死んでもデモを続けるぞ」と叫ぶデモ隊が通る。

 軍も警察も、この日の金曜礼拝には姿を現さなかった。

画像を見る
警察が民衆に向けて放った催涙ガス弾。呼吸中枢をやられる=同日、タハリール広場。写真:筆者撮影=

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  3. 3

    鈴木宗男氏が、枝野代表の総裁選への指摘に苦言「論外」

    鈴木宗男

    09月19日 10:53

  4. 4

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  5. 5

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  6. 6

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  7. 7

    4候補のコロナ対策 立憲民主党含めて 具体策、実効性は乏しい

    中村ゆきつぐ

    09月19日 11:52

  8. 8

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  9. 9

    アンタタッチャブル「共演NG説」あった松本人志との共演急増のワケ

    NEWSポストセブン

    09月19日 09:23

  10. 10

    ヒートアップする総裁選 すべては菅首相と二階幹事長の決断のおかげ

    早川忠孝

    09月19日 15:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。