記事

中国人は日本でどうやっておいしいお店を探す?日本美食 CEO 董路氏 - 中島恵 (ジャーナリスト)

1/2

 訪日中国人観光客の間で急上昇している関心事といえば「食事」。日本旅行の際、食事は大きな楽しみのひとつだが、中国人はどのようにして日本の飲食店を探し、予約しているのか、考えてみたことがあるだろうか。連載6回目はインバウンド向けのオンラインによる飲食店予約代行サイトを運営する企業、日本美食を紹介する。同社のCEO、董路(ドン・ルー)氏に話を聞いた。

――中国人が日本旅行をする際、予約代行をしてくれるサイトがあるのですね。初めて知りました。

画像を見る
日本美食の予約アプリ画面

董氏:訪日中国人向けのビジネスで、事業の柱は主に2つです。1つ目は訪日中国人のオンラインでの飲食店の予約代行サービス。2つ目はそれに関連する決済サービスです。これまで、訪日中国人は日本で「ぐるなび」や「食べログ」、「一休.comレストラン」などのサイトで飲食店を予約することができませんでした。彼らは日本の電話番号を持っていませんし、言語の問題もあるからです。そこで、訪日中国人が簡単に予約できるサイトがあったらどんなに便利だろうと思って、このビジネスを思いつきました。

――目からウロコですね。確かにそういうビジネスはこれまでなかったですね。

董氏:実は私自身の経験がヒントになりました。私は日本留学の後、米国留学、コンサルタントなどを経ていったん中国に帰り、その後、2014年に再び日本に戻ってきたのですが、中国から日本旅行にやって来る友人たちから何度も「どこか東京でおいしいレストランを教えて」とか「何を食べたらいいのでしょう?」と質問されました。

 私も友人からの問い合わせなので、教えてあげたり、お店に連れていってあげたりしたのですが、私が推薦したお店は友人に大好評で、いつも感謝されました。でも、同時に「日本語がわからないし、おススメ料理もわからないから、董さんがいないと困る」ともいわれました。そこで、自分でおいしいと思う飲食店をリストアップして、中国語で友人に送ってあげたら、これも非常に喜ばれたのです。私はずば抜けたグルメというわけではないのですが、こんなに中国の友人から感謝されるということは、ここにきっとマーケットがあるのではと思い、事業を立ち上げようと思い立ちました。

 日本人向けには「ぐるなび」や「食べログ」のような飲食店を紹介するメディアがたくさんありますね。エリア別、料理のジャンル別などで探すことができますし、それ以外にも、さまざまなメディアや友人から評判を耳にすることがあるはずです。でも、中国人を始め外国人は、日本語がわかりませんし、土地勘もありません。日本人なら誰でも知っているような有名レストランの名前を聞いても、それがどの町にあるのか、どんな名物料理があるのかも、さっぱりわかりません。それに、飲食店が無数にあるので、どこでどのように探したら、自分が望んでいるお店に到達できるのかも見当がつかないのです。

 一方、日本では人口減少が深刻化しています。人口が減少することにより客単価も減っています。利益の縮小に悩んでいる飲食店が少なくありません。飲食店の情報サイトに掲載するのには経費がかかりますが、小さいお店の場合、この経費負担が少なくありません。このように、訪日中国人の悩みと飲食店の悩み、双方の悩みを解決できる事業として、オンラインの予約サイトという形で橋渡しができたら、と思ったのです。

――具体的にオンライン予約代行サイトの仕組みを教えていただけますか?

董氏:まず利用者は中国の大手予約サイトである「大衆点評」「CTRIP(シートリップ)」「美団」「百度」「同程旅游」などから入って、日本の飲食店を検索することができます。この中に私たち「日本美食」の自社サイトもあります。わかりやすく例えていうと、JALの航空券を買うとき、JALの自社サイトからも買えますが、さまざまな旅行会社からもアクセスでき、JALの航空券を買えますね。それと同じような仕組みです。

 飲食店を検索するときには料理のジャンル(寿司、焼肉、懐石、フランス料理など)別に弊社サイトなどで、中国語で調べることが可能です(簡体字のほか繁体字、英語、日本語でも可能)。

料理のメニュー(コース料理や単品、飲み物)や写真もありますので、中国にいながらにして、お店の雰囲気や特徴もじっくり確認することができます。

日本人が「食べログ」などをチェックしたり、お店の写真や口コミ、最寄り駅などを見て比較したりするのと同じように、飲食店の情報だけを入手することもできますし、実際に飲食店の予約を完了するところまで、あるいは、予約と支払い(決済)完了まで、すべて終えることも可能です。弊社以外のサイトから入った予約も、弊社を通じて、日本のパートナー会社(日本の飲食店予約サイト)に伝わり、そこから飲食店に予約が入るようになっています。

 中国の予約サイトで、来日前に予約、注文、支払いを完了してしまえば、来日して、お店で日本語のメニューを見る必要はありませんし、日本円を使ったり、クレジットカードを出したりする必要がなくて便利です。その上、料理の内容もわかっているので安心できます。


QRコードをスキャンしてモバイル決済する

 飲食店のほうも、これまでは、たとえばアイパッドの翻訳機能を使ったり、中国語がわかるスタッフが必要になる場合があるなど、中国人を始め外国人観光客を受け入れるには、オペレーションやコミュニケーションに不安がありました。しかし、注文が済んでいれば安心です。

また、当日支払いをする場合も、お店に設置したQRコードをスキャンし、中国のモバイル決済機能であるウィーチャットペイや、アリペイで行うことができます。中国にいるときとまったく同じように決済ができますので、中国人のお客様にとって手軽で簡単です。

日本のお店のほうも、特別な端末を用意したり、初期費用を準備したりする必要が一切ありません。支払ったお金はいったん弊社に入金され、弊社から各飲食店に支払う仕組みです。つまり、弊社が中国のサイトと日本の飲食店をつないでいる「とりまとめ役」となっています。

 現在までに、弊社が直接契約して予約ができる飲食店は東京都内だけで約800店あり、パートナー会社を通して予約できる飲食店は日本全国で約6000店に上っています。契約できる飲食店は今後も増やしていく予定です。

あわせて読みたい

「飲食業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    国際法秩序破る中国に世界的反発

    WEDGE Infinity

  2. 2

    河井氏問題巡る検察と朝日の癒着

    青山まさゆき

  3. 3

    東出の自虐発言に長澤まさみが涙

    女性自身

  4. 4

    供託金300万円没収も「勉強代」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    自民党内「国賓中止はやり過ぎ」

    赤池 まさあき

  6. 6

    研究者に転身 いとうまい子の今

    NEWSポストセブン

  7. 7

    すごい展開 優樹菜に芸能界驚き

    SmartFLASH

  8. 8

    男子中学生と性交 40歳妻の素性

    文春オンライン

  9. 9

    小池知事が都民ファ切る可能性も

    舛添要一

  10. 10

    2ヶ月待ち人気マスクのこだわり

    松崎りえこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。