記事

希望の党、小池百合子代表 戦い終えて「みじめな微笑み」

希望の党はこの先どうなる?

【希望の党はこの先どうなる?】

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になった著名人をピックアップ。記者会見などでの表情や仕草から、その人物の深層心理を推察する「今週の顔」。今回は、衆院選を終えての小池氏の心中を読む。

 * * *
 今回の衆院選について敗戦の弁を述べた希望の党の小池百合子代表は、訪問先のパリにいた。選挙の台風の目と言われながら、自身の「排除」発言で失速した希望の党。記者会見に臨んだ小池氏の姿は印象的だった。

 会見会場はパリのホテル。間接照明のせいか映像が暗い。そのせいか、それとも選挙戦疲れか長旅のせいか、小池代表の顔色は冴えない。顔色だけ見ていても、敗戦感が色濃く出ている。前を向いてと記者に言われながらも、視線はあまり上がらない。

 服装はラメの入った黒のスーツに黒のインナー。首にはゴールドのネックレス。自身と党のシンボルカラーの緑はどこにもない。多少なりとも手応えがあったなら、誇らしげに緑のスカーフを巻いたのではと思う。それにしても、パリに緑のスカーフは持参して行かなかったのだろうか? もしそうだとしたら敗戦を覚悟していたのだろう。

 それとも、希望の党の国政を担うのは自分ではなく、当選した議員たち。自分は代表でも一歩後に下がると、自身のカラーを弱めようとしたのだろうか。黒ずくめの服装を見て、そんな推測をしてみたものの、党の運営について聞かれた際は、「当選した人たちと相談しながら」と首を横に振った小池代表。やはり一歩下がるつもりはないらしい。

 記者に「希望の党は一枚看板」と言われた時は、あごを上にクイッと上げて上を向き、背筋を一瞬伸ばすと背もたれにもたれかかるような動作を見せた。これは自分が優位な立場にあるということを示す無意識の仕草だ。やはり自分が党のトップという意識は強いのだ。

 とはいえ希望の党の予測を聞かれた際は、大きく息を吸った小池代表。厳しい結果が予想されると身体を前後に揺らした。思った以上に結果が悪いのだろう。「雨の中、希望の党への票に感謝」と票を投じてくれた有権者に感謝しながらも、その声は力なく小さくトーンは低い。やはり期待外れで失望感が強いことが、声のトーンからもわかる。

「国民から批判の対象になった」と失速について話し始めると、視線を落としうつむいた。思いとは裏腹の結果になったことへのマイナス感情が心の中で動いたのだろう。都政と国政の二足のわらじへの批判について問われると、その批判には少なからず不満を持っていたようで、身体を揺らした。さらに「悪いとは思っていない」と質問した記者へ目線を向けると、念を押すように見据えたのだ。それまで弱かった視線が強くなり、じっと見据えたことから、その手の批判への反感や不満は、小池氏の中では相当強いと思われる。

 さらに、同じ場所で行われた各局の分刻みのインタビューを見てみると…。

 敗因について聞かれると、悲しげな表情を見せた後「これまでの言動などにですね」と一瞬、うつむいて笑みを浮かべた。笑ったものの、口角が上がったのは片側だけ、上まぶたは下がっていた。心理学者のポール・エクマンが「みじめな微笑み」と呼ぶ笑い顔に似ている。この微笑みは顔に非対称で表れることが多く、みじめな否定的感情を経験したことを認める微笑みだとエクマンは言う。つまり、当人は苦笑いして辛い気持ちに耐えようとしているわけで、小池代表の心中が察せられる。

「排除」という言葉が独り歩きしたという小池代表。「不快な思いをさせて申し訳ないと思っている」と言った後すぐに、「まぁ」と語気を強めた。反論したいという気持ちが、どこかにあるのだろう。「政策本位を考えて」と続けた。そして「こういう厳しい結果に」と大きく首を傾げたのだ。どうしてここまで厳しい結果になったのか、納得がいかないようだ。それでも「真摯に受けとめたい」と口をしっかりと結んだ。

「戦略ミスでは?」と問われた時も、「反感を抱かせてしまった」と首を傾げた。それがなぜなのか、なぜそこまで反感を買われたのか、自分のやり方を信じてやってきた小池代表には、その感覚がわからないのだろう。

 さて今回の選挙、希望の党で当選したのは元民進党議員がほとんど。その結果を受けて、希望の党が分裂するのでは?と危惧する声もある。日本テレビ『zero×選挙2017』で、今後の党運営について、嵐の桜井翔さんに聞かれた小池代表は、「勝ち上がってきた皆さんとともに」とここでも首を傾げた。ここで首を傾げるとは、どういうことだ?

 続けて分裂について聞かれると、それまで動いていなかった手が動き、身体が揺れた。身体の動きは不安や動揺の表れともいえる。心の中では、今後の党の動きに不安があるのかもしれない。それでも「当選された人たちと話し合いながら進めたい」と言ったものの、上唇が見えなくなるほど唇をギュッとつぐんだのだ。やはり、分裂への不安は強いのだろう。唇が見えなくなるほど口を結ぶのはストレスや不安が強いからといわれる。

 とはいえ、「これから皆さんと考えて…」と言いながら、また首を傾げ、他のインタビューでも「皆さんのご意見を聞きながら進めていきたい」と言うものの目をギュッとつむって、それには気が進まなそうな仕草を見せた小池代表。分裂は嫌だけれど、みんなの意見で党運営するのもちょっとね、というところだろうか。

 果たして、希望の党にこの先「希望」はあるのだろうか。

あわせて読みたい

「小池百合子」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  2. 2

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  3. 3

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  4. 4

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  5. 5

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

  6. 6

    「自粛を求め続ける政治家にこそ責任がある」"気の緩み"に怒る人たちに考えてほしいこと

    PRESIDENT Online

    09月26日 14:06

  7. 7

    今回の総裁選に見る自民党派閥の凋落

    舛添要一

    09月26日 18:51

  8. 8

    コロナ禍、エンタメ需要増も「面白い同人誌」は激減? その理由とは

    キャリコネニュース

    09月26日 08:54

  9. 9

    ファーウェイ副会長が帰国、中国当局が拘束のカナダ人2人も帰国

    ロイター

    09月26日 16:29

  10. 10

    外部の課題より内部抗争重視の組織と共倒れする日本

    松田公太

    09月26日 17:42

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。