記事

安倍政治 行き着く先の ディストピア - 鈴木耕

1/2

結局は 600億円の 空騒ぎ

 「地獄の釜の蓋も開く」という諺がある。本来は、正月の16日とお盆の7月16日は、地獄の鬼たちも仕事(悪人・罪人を釜茹でにする)を休む日なのだから、みんなも仕事を休んでいいよ、という意味らしい。でもぼくはこれまで、地獄の釜の蓋が開くから恐ろしいことが起きるぞ…というように誤解していた。何となく、そのほうが怖そうだし。

 そういう誤解のまんまの感じでとらえると、今回の選挙はまさに「地獄の釜の蓋が開いた」ような気がする。なんだかとても恐ろしいことが起きそうだ。なにしろ自民党の圧勝で、あの「安倍一強政治」がもっと強化されそうに思えるのだから。

 しかし、ちょっと待てよ、と思う。

 冷静になって選挙結果を見てみると、この選挙で何が変わったのか、選挙前とどう変わったのかが、よく分からない。だって衆議院の与野党の構成は、選挙前とさほど変わっちゃいない。与党と野党の議席数は選挙前とほとんど同じなのだから。

 ただひとつ、野党側が「保守(右翼)」と「リベラル」の色分けがきちんとできて、とても分かりやすくなったのが成果といえばいえるかもしれない。

 でも結局は、630億円もの我々の税金を使って行った衆院総選挙は、壮大な空騒ぎに過ぎなかったようだ。

 自民党は284議席(解散前も284)を獲得、公明党29(同34)。だから自公連立政権は計313議席(同318)。

 対して希望の党は50(同57)、立憲民主党55(同15)、共産党12(21)、維新11(同14)、社民2(同2)、無所属22(同38)で、野党系(この言い方にはかなり疑問符もつくが、とりあえず連立とそれ以外、と区分する)は計152議席、ということになる。

 これは、解散前の自公連立318議席が313議席になり、その他は147から152になったということになる。だからほとんど解散前と変わらない結果だというしかない。

画像を見る
選挙当日は台風襲来。翌日の多摩川は、選挙結果に怒ってるのか、荒れ狂っていた

もう一期 とにかく総理を 続けたい

 では、この解散はいったい何のためだったのだろう。わけが分からない。

 安倍首相は解散にあたって、いろんな理由を述べたけれど、どれひとつとして納得できたものはなかった。

 アベノミクス? 北朝鮮の脅威? 消費増税分の使い道変更? 教育の無償化? それらは、別に突然の解散で問うようなものじゃない。それこそ粛々と国会で議論すれば済むことなのだ。北朝鮮の脅威を言い立てるなら、むしろ選挙などしている場合じゃないだろう。

 それでも安倍首相は解散総選挙に打って出た。ということは、争点は「このまま安倍首相でいいのか」しかなかったはずだ。それだって、ぼくには意味がよく分からなかった。直前の調査では、安倍内閣の支持率は「支持しない」ほうが「支持する」を上回っていたのだから、普通の感覚だったら、そんな状況で解散なんかするはずがない。

 だから理由はただひとつ。

 「野党の態勢が整わぬうちに選挙をすれば、あまり負けずに済む」だったのだ。とにかくなんとか勝って、来年の総裁選でもう一期総理大臣をやりたいとの一心。

 そんな意味不明の解散に、思わぬところから助っ人が出現。前原誠司民進党代表と小池百合子希望の党代表のコンビである。ふたりが安倍自民党へどんな助っ人ぶりを発揮したかについては、もうイヤになるほど聞かされたり読まされたりしただろうから、ここでは繰り返さない。

 このふたりについては「その罪、万死に値する」で足りる。

抑圧と 支配、格差の 監視社会

 安倍強権政治の行く先は、一種のディストピア(反理想郷)であろう。自由な発言を阻害し、マスメディアを支配し、格差を拡大し、反抗する者は暴力で抑圧することさえ辞さず、SNSさえ監視する。まさにディストピアそのものである。

 ぼくはそんな社会はまっぴらだ。だがこの世には、支配され抑圧されることを心地よく感じる人たちも、確かに存在するようだ。

 ネット右翼といわれる一群は、スケープゴートを求めてネットの中を鵜の目鷹の目で探し回り徘徊する。そこで血祭りにあげるのは、自分より弱い立場の者。実は自分たちも支配され抑圧されているのだが、その不満のはけ口を、権力によって提供されているのだということに気づかない。

 権力の煽動によって大衆が熱狂し、抵抗者を非国民扱いにして罵倒する。選挙運動最終日の秋葉原で現出したのは、まさにそんなおぞましい光景ではなかったか。

 ぼくもネットで見た。日の丸の渦の中で熱狂し、「安倍さんガンバレ!」を叫び、「戦争反対」とか「アベ政治を許さない」などのプラカードを掲げた人たちを取り囲み、あげくに暴力を加えるさまを、ぼくは背筋の凍るような思いで見ていたのだ。

 籠池氏に「安倍首相ガンバレ、安倍首相ガンバレ!」を唱和させられていた塚本幼稚園の園児たちを思い出させる光景だった。あれほど安倍晋三氏を慕い、その名前を冠した小学校を作ろうとまでした籠池夫妻は、安倍夫妻にいとも簡単にゴミ箱に捨てられ、いまも鉄格子のなかにいる…。

あわせて読みたい

「衆院選2017」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    人はなぜ不倫しないか 識者疑問

    PRESIDENT Online

  2. 2

    ユッキーナ引退 裏に事務所の闇?

    渡邉裕二

  3. 3

    竹中平蔵氏を叩く情報弱者に呆れ

    城繁幸

  4. 4

    200人感染の東京 重症化見えるか

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    感染増も無策か 小池都政に愕然

    大串博志

  6. 6

    コロナの誤解指摘 辛坊氏に反響

    女性自身

  7. 7

    10万円給付に13兆円かかった理由

    千正康裕

  8. 8

    感染拡大を放置 安倍政権に怒り

    鈴木しんじ

  9. 9

    ソウル市長の遺体発見 自殺説も

    SmartFLASH

  10. 10

    真実より視聴率重視するマスコミ

    菊地直子

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。