記事

ネットの奇習「台風コロッケ」、イオンが販売戦略の1つに 「昨年同時期を上回る売れ行き」と好調

イオンリテールが10月21日、台風に備えてコロッケを通常時の5割増産すると発表したことに、ネットが沸き立った。「台風の日にコロッケを食べる」という、ネットでネタとして消費されてきた風習が、現実の店舗の販売戦略に影響を与えたことに驚きが広がっている。

以前から9月に台風が来るとコロッケが早急に売り切れる店舗があった

おひとついかがですか
おひとついかがですか

「台風コロッケ」とも呼ばれるこのネタは2ちゃんねるで生まれた。2001年8月に立ったスレッド「【台風11号パブーク】上陸秒読み実況スレッド14号」の111番目に書き込まれた、

「念のため、コロッケを16個買ってきました。もう3個食べてしまいました」

が発祥と言われている。結果的に死者6人を出すなど猛威を振るったパブークについて、スレッドでは全国の気象情報や状況など緊迫した内容が書かれていたが、突如コロッケの話題が出たことで「マターリしてて思わずワラタ」「コロッケ食べたくなってきた。作っちゃお」などのほっこりした反応が集まった。

この書き込みによってその後、台風が来た時にコロッケに言及するネットユーザーが増え、今では元ネタを詳しく知らない人も「台風直撃だからコロッケ買いに行かなきゃ」とツイッターで呟くなど、ネット民の「作法」の1つとして使われるようになっている。

イオンリテールの広報担当者は今回の増産について、

「9月の台風時、通常の完売時間よりも早い段階でコロッケが売り切れた店舗がありました。こうしたことからお客様の中に、台風の日はコロッケを求めるニーズがあるのではと踏みました」

と明かす。売り上げの詳細な数字は出ていないが、「全店ベースで、昨年の同じ週末より上回っています」と好調だそうだ。ネットのテキスト文化では、あくまでネタとして書き込み、実際には行動に移さないことが多いが、台風コロッケの場合、買いに行くところまでがセットだと思っている人が多いのかもしれない。

「台風の影響を受けない店舗でも一部便乗する場合がある」

イオンの売り場では由来も合わせて説明しているという。ネットが発祥の、「風習」と言うにはまだ早い気もする台風コロッケについて、お客さんから聞かれることはないのか聞くと、

「購買されない理由を把握するのは難しいですが、ご納得いただけない方は購入されないのではと思います」

との回答だった。この取り組みは24日まで続くという。台風の進路や状況に合わせて店舗ごとに開催日が異なるそうだが、「台風の影響を受けない店舗でも一部便乗する場合がある」とのことだ。

あわせて読みたい

「台風」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。