記事

選挙はもう終わっている?〜小池百合子の失敗

1/2

未来ニュース:10月22日衆院選の結果、自民公明が三分の二の議席数を確保

今回の衆議院選挙。終わってみれば「大山鳴動してネズミ一匹」という状況だった。既存勢力の自民党は過半数を維持、さらにこれに公明党を併せ三分の二を確保した。また共産党も微増だが議席数を増やした。一方、希望の党は予想に反して惨敗に近い状態、議席も60を割るという惨憺たる状況だった。意外だったのは民主党から締め出しを食らった一派で構成される立憲民主党で、予想外の健闘だった。

さて選挙序盤戦、台風の目といった感すらあった小池百合子と希望の党だったが、なぜこんな体たらくな結果になってしまったのだろう。これを今回はメディア論的に分析してみたい。

小泉が教えた勝利の方程式=ブレないこと

小池が希望の党を立ち上げて世間の注目を集めたとき、多くの人間が「これは何か凄いことが起きそうだ」と色めき立った。小池は先の都議選で都民ファーストの会を立ち上げ、自民党中心の都議会から覇権を奪うことに成功する。これに注目したメディアは一斉に1つの経験則を引用した。それは「都議選の結果は次の国政選挙にベタに反映する」というもの。

それゆえ、小池が希望の党を立ち上げたとき、政治の流れに何か変化が起きるのではという感覚が頭をよぎった人間は少なくないはずだ。そして党立ち上げ直後に党CMを公開。しかも、このCM企画は既に三月に立てられていたとのアナウンスで「小池百合子は政権奪取に向け周到な準備を行っている」というイメージを世論に植え付けることに成功した。

実際、自民党員たちからも危機感を感じさせるコメントが頻出した。どう見ても新しい風が吹きそうな気配だったのだ。

さて、こうした「風」について、われわれは既にいくつか経験している。ひとつは「郵政民営化選挙」と呼ばれた2005年の衆院選だ。首相の小泉純一郎が議会を解散した理由は「郵政民営化」の是非を問うものだった。本人は徹底した民営化の推進派。しかし自民の郵政族は抗戦に打って出た。そこで選挙で勝負ということになったのだった。

この時の小泉の戦略は見事と言うほかはなかった。「郵政民営化は行政改革の本丸」と言い放ち、あたかも郵政民営化が全ての問題を解決するようなアピールを行ったのだ。これはたとえば衆議院比例区の小泉による政見放送の際もまったく同じだった。郵政民営化以外は一切語らなかったのだ。さらに、郵政族と呼ばれた民営化反対の自民党議員には刺客と称して対抗馬を立て、その多くを敗北させた。

しかし、このやり方、実はかなり詐欺まがいであったことも確かだ。まず郵政民営化=行政改革という図式。よくよく考えてみればそんなことはありえない。実は、行政改革の内実は不透明なままだったのだ。さらに郵政民営化自体も、実のところ有権者の多くは理解していなかった。また、敵が野党ではなく自民党内部であったことも実に不思議なことだった。

矛盾だらけの小泉戦略。ところが、これを確信犯的に小泉は推進し、一切ブレることがなかった。こうした選挙に向けての畳みかける攻撃。自民郵政族はさながら「悪代官・越後屋」、小泉は「御老公」、刺客は男なら「弥七」、女なら「お銀」という単純な水戸黄門型劇場図式で、反対派を「抵抗勢力」として、これを攻撃していったのだ。

小泉は「ブレないこと」そして「次から次へとサブライズを出し続けること」という戦略を推進していった。有権者たちは政権内容では無く、全くブレない小泉の姿勢とサプライズの連続に陶酔していた。こうして小泉劇場は成立したのだった。

東国原が教えた勝利の方程式=徹底したしがらみ排除

2006年末に実施された宮崎県知事選に東国原英夫(当時そのまんま東)が出馬する。当初泡沫候補と呼ばれていたのだが、あれよあれよという間に県民の支持を取り付け、知事に登り詰める。東国原の戦略には小泉のブレない姿勢にプラスして「しがらみ排除」があった。

それまで宮崎県知事はいずれも「しがらみ」にまみれていた。2代前の知事は談合事件で逮捕されて失職、一代前はシーガイアを誘致して県民に多大な借金を負わせた挙げ句、外資系企業に二束三文でこれを売却した。前任の知事も談合疑惑で辞任(後に逮捕)している。

そこで東国原は「しがらみ排除」を前面に押し立てて選挙戦を展開した。もともと支持基盤を持たないのでしがらみも何もあったものではない。だが、芸能界出身。芸能人からの応援を得ることは可能で、事実、以前ユニットを組んでいたたけし軍団の大森うたえもんが応援に駆けつけると手を挙げたことも。

ところが、東国原はこうした芸能界からの応援を一切拒絶したのだ。なぜか?論点が「しがらみの排除」だったからで、自らそのことを身をもって示そうとしたからだ。そう、東国原は完全にしがらみがなく、しかもブレていなかった。そして、それ東国原劇場を誕生させていった。

あわせて読みたい

「小池百合子」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    店員の言葉を疑ってかかる時代に

    Chikirin

  2. 2

    消費税廃止を 山本太郎氏の叫び

    田中龍作

  3. 3

    「ブラタモリ」が今も面白い理由

    メディアゴン

  4. 4

    麻生氏の質高い答弁を伝えぬ報道

    青山まさゆき

  5. 5

    働き方改革で仕事減 局アナ退社

    BLOGOS編集部

  6. 6

    ナカイの窓終了は商標トラブルか

    NEWSポストセブン

  7. 7

    SEX未経験者が増加 要因に低収入

    文春オンライン

  8. 8

    恩知らずは消える 芸能界の現実

    倉持由香

  9. 9

    マツコ共感 友達は仕事仲間だけ

    キャリコネニュース

  10. 10

    大相撲「トランプ杯」授与に反対

    鈴木しんじ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。