記事

「音楽ストリーミング」を見切ったマイクロソフトが失ったもの

1/2

リンク先を見る

10月初頭、マイクロソフトは同社が運営する定額制音楽ストリーミングサービス「Groove Music」の終了を発表しました。マイクロソフトはまたサービスの終了と同時に、音楽ストリーミングサービス最大手「Spotify」と提携していくことも明らかにしています。

Groove Musicのユーザー(Groove Music Pass購入者)がサービスを利用できるは2017年12月31日までで、提供する音楽ストリーミング/ダウンロード/購入の機能は停止する予定。以降はすでに所有する音楽コンテンツの再生アプリとしてWindowsデバイス内で展開されます。

リンク先を見る

代案として提示されたのは、Groove MusicユーザーのSpotifyへの乗り換え。Groove Music Passを購入している有料会員は、Spotifyでアカウントを作成またはアカウントを連携させることで、これまで作ったプレイリストやお気に入りの楽曲をSpotifyに移行が可能になっています。

またも不発に終わったマイクロソフトの音楽ビジネス

マイクロソフトが音楽ストリーミングサービスに本格参入したのは、2012年10月にローンチした「Xbox Music」というサービスにさかのぼります。

関連記事  マイクロソフト、待望のサブスクリプション型無料音楽ストリーミングサービス「Xbox Music」を10月26日に開始予定

同サービスは、広告モデルの無料プランと、月額9.99ドルの定額制モデル、さらにトラックをハードドライブに保存できる音楽ダウンロードまで、iTunesとSpotifyを足したかのような、フル機能を網羅したサービスを提供してきました。しかし、スペック的な「高機能」も、「Xbox」のブランドネームも大きな話題を呼ぶこともなく、「音楽ストリーミング」という新たなデジタル音楽ビジネスに新規参入する足がかりになることはありませんでした。

2015年7月にマイクロソフトは、サービスのブランド名を「Groove Music」に変更して運営を継続してきましたが、2年強で今回のサービス停止に至っています。

失敗の大きな要因は、マイクロソフトが提供する音楽サービスの機能やカタログは、すでにSpotifyなど先行する音楽ストリーミングサービスとの差別化ができず、高機能、フル機能だったにもかかわらず、リスナーに利用するまでの動機を与えるにはいたりませんでした。

また、2010年にローンチしたマイクロソフトのスマートフォン向けOS「Windows Phone」の失敗も、急速に拡大した音楽ストリーミングサービスのモバイルユーザーに対して、マイクロソフトの音楽サービスがアピール不足になった要因の一つです。Windows Phoneと後継プラットフォームの「Windows 10 Mobile」は、iOSとAndroidの牙城に切り込むことなく終了となりました。

■関連記事:Updates to Entertainment in Windows 10 (Windows Experience Blog)

あわせて読みたい

「マイクロソフト」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国に大人の対応ができない日本

    AbemaTIMES

  2. 2

    BTSがナチス演出? 韓国は擁護か

    tenten99

  3. 3

    防弾少年団 韓国大統領とも親密

    SmartFLASH

  4. 4

    徴用工判決に日本の親韓派も失望

    NEWSポストセブン

  5. 5

    日本に危機感 中国の工場に驚愕

    MAG2 NEWS

  6. 6

    徴用工判決 国際法の通説を疑え

    篠田 英朗

  7. 7

    大半の人は簡単なこともできない

    NEWSポストセブン

  8. 8

    オウム元死刑囚妻が語る執行の朝

    篠田博之

  9. 9

    相棒のシャブ常習者描写は差別的

    PRESIDENT Online

  10. 10

    お金持ちになれない日本人の認識

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。