記事

女性が活躍できる多様な社会を

自民党は女性活躍推進を掲げています。 私もかつて自民党女性局次長として この政策に関わっていました。

いまや女性の社会進出は広がっています。 出産や育児を経てもキャリアが継続でき 仕事が続けられる制度として 女性活躍推進法が制定されました。

しかしまだまだ課題が多く 育児か仕事のどちらかを犠牲にしなければならない状況に 置かれる方は多く存在します。 職場での女性のサポート体制のために 子育て中の女性でも職場での仕事が充分にできるよう ワークシェアリングやテレワーク導入の推進 子育て中の女性が管理職に就いた場合のサポート体制の強化などが推進される政策を自民党は進めてきました。

民間の例では、アパレル業界において複数店長制を採用し 1人あたりの負担を軽減したり、男性社員の育休の推進を積極的に導入するなどの動きが見られます。

また海外の事例では産休育休中の業務代行を専門とした質の高い人材サービスの会社が存在するなどの事例もあり 雇用や人材確保において上記した事例に対応することが難しい中小企業の為にも、そういった会社の立上げを支援・推進していくことも重要なポイントであると考えます。

また待機児童0を目指しての受け皿作りや 幼児教育の無償化などを自民党は政策として掲げていますが、さらに各々異なる職場復帰のタイミングでも保育の受け入れ可能な環境整備や 働き方改革によって男性も育児や家事に参画できるシステムも強く押し進める必要があります。

もちろん専業主婦という選択は否定されるべきではありませんし、なかには経済的な理由から家庭を犠牲にしながら仕事をしている方も多いでしょう。

そういった皆さんが多様な選択が可能な社会作りと更なる経済成長を目指します。 私自身が子育て世代であり、それらの声にもしっかりと答えていける政策提言をしていきます。

例えば、私の娘が成長し、夢を持って努力し望む仕事につけたとき、社会環境によってそれを諦めなければならない社会であってほしくないと望みます。 そんな気持ちをもって、女性の皆さんが多様性のなかで生き方を広く選択できる社会を作っていきます。 ぜひご支援よろしくお願いします。

あわせて読みたい

「女性の社会進出」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    河野大臣が表情変えた記者の質問

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    韓国の国際法無視 強行なら好機

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    大阪うがい薬推奨に医師らは呆れ

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    玉木氏に横柄? 枝野代表の狭量さ

    早川忠孝

  5. 5

    臨時国会逃げる政府 終焉近いか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    テレ朝のPCR巡る報道に医師怒り

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    スタバと違い常連扱いないセブン

    内藤忍

  8. 8

    文科相が一部大学の授業を批判か

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    うがい薬巡る不正確な報道に苦言

    青山まさゆき

  10. 10

    イソジン効果「期待しない方が」

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。