記事

共闘の形〜2017総選挙・立憲民主党と共産党〜

 今回の解散総選挙、安倍総理総裁の解散時期の判断には、民進党の代表選挙の結果及びその後の内閣の支持率などがあったのではないかと想像される。代表選挙中「枝野氏なら10月22日解散総選挙」という趣旨の見出しをタブロイド紙でみたような気がする。結果は、前原氏が代表となったわけだが、解散総選挙となった。そして、前原氏は民進党を「名を捨てて実を取る」と解体に導き、離散を生じさせることとなった。

 「排除」されたものと言うべきか、「踏み絵を踏まない英断を下した」ものと言うべきか、図らずも枝野氏は民進党が対外的に主張してきた基軸を引き継ぐ形で、立憲民主党をつくることになる。

 民進党の代表選挙の時から枝野氏は共産党との野党共闘には前向きであり、前原氏の考え方とは距離があるように見えた。一方、共産党は、改憲をうたい、平和安全法制に対しても一定受け入れる姿勢をしめす希望の党は、自民党の補完勢力に過ぎないと言う認識を示し、立憲民主党ができると歓迎の意を示す様に急ピッチで共闘の枠組みを構築した。様々な地域事情がある中で、共産党と立憲民主党が小選挙区において争うことになる選挙区もあるものの、多くの選挙区において調整を行い、一本化を図っている。

 共産党の候補者で一本化されたところで小選挙区で勝ち上がることが難しくとも、立憲民主党の候補者で一本化されたところにおいては、選挙区で勝ち上がるところも出てきそうだ。

 今回の選挙において、一番のスポットライトを浴びる事になる枝野氏は、共産党とも政策のすり合わせ合意をしたことを認めつつ、連携関係は強めているものの、政権構想としての連立に関しては「全く考えていない」と否定をしている。「まっとうな政治」を訴える立憲民主党としては、丁寧な慎重な真面目な対応なのだろう。勝手な妄想で言わせて頂くならば、共産党は、首相指名選挙で枝野氏の名前を書くとまでいうのであれば、共産党こそ解党的合流をすれば、もっと大きなうねりになったのではないかと推察する。

 立憲民主党は現政権に真摯に対峙する勢力と認識されてか、今回の選挙戦では希望の党を抜き、野党第一党になる勢いだという。旧民進党の無所属当選組の多くも希望の党ではなく、立憲民主党の会派と同調するのではないだうか。

 選挙後の注目の一つは、旧民進党所属の希望の党・立憲民主党・無所属のそれぞれ議員がどの様な動きをするのかということになる。

画像を見る 
選挙における共闘とは、概ねの政策の一致に合意をしながら、互いの勢力を減じることのないような調整を行う事を意味すると解する。

 立憲民主党と共産党も、一定の政策の合意をしつつ、選挙区間の調整を多くおこなっている点で、文字通り野党共闘体制を組んでいる。ただ、その体制をもってしても、仮に政権を取っても連立を組む関係ではないという事例があることを示している。

  2年前の大阪W選挙や先の堺市長選においては、結果として同一候補を応援していたとしても、党との間での政策の合意がなされた経過もなく、候補者選定にあたっての連携や調整も何ら行われていないことから「共闘」には該当しない。共闘していない関係においては、仮に共産党からの応援を受けていたとしても、共産党の政策を実現しなければならなくなるというわけではないことは自明である。

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池氏2選で怒り 自民は何してた

    やまもといちろう

  2. 2

    738票届かず 小野氏は供託金没収

    鈴木宗男

  3. 3

    日本は悪くないと 韓国の反日観

    文春オンライン

  4. 4

    野党に振り回された宇都宮健児氏

    田中龍作

  5. 5

    休むと3万円 ホテル支配人の実態

    紙屋高雪

  6. 6

    貧乏国・日本 全員停滞で幸せか

    fujipon

  7. 7

    小池知事が当確 朝日朝刊に苦言

    常見陽平

  8. 8

    山本太郎氏は独自路線を自重せよ

    猪野 亨

  9. 9

    都知事選 落選者らの敗因を分析

    ヒロ

  10. 10

    レジ袋未精算で人生棒に振る人も

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。