記事

宮藤官九郎、小6愛娘が文化祭の演劇脚本で才能を発揮

娘が手がけた文化祭の演劇脚本がスゴいと評判

【娘が手がけた文化祭の演劇脚本がスゴいと評判】

 クドカンこと宮藤官九郎(47才)の小学6年生の愛娘・かんぱちゃん(あだ名)が脚本を手掛けた演劇が話題になっているという。上演されたのは、彼女が通う小学校の文化祭だった。

「すごい…テンポもよくてとにかく面白かった! 小学6年生の舞台とは思えない」
「クラス全員の配役のバランスもすごい」
「子供たちが母親にテストの点を伝えるときにブルゾンちえみのネタ『35億』を『35点』って見せられた時には大爆笑。プロ顔負けですね」

 クドカンは以前、雑誌のインタビューで「娘の文化祭の脚本に口だししたくなるのを我慢している」と語っていたが、この日は夫妻そろって真剣に観劇していたという。

「お父さんはお芝居の内容をまったく知らなかったようで、『本当に初めて見るんですよ』って楽しみにしていたようです」(保護者のひとり)

 連続テレビ小説『あまちゃん』(NHK)、『木更津キャッツアイ』(TBS系)など数々の大ヒットドラマを手掛け、2019年の大河ドラマの脚本も担当するクドカン。放送中の新ドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系)もクドカン脚本で、小泉今日子(51才)をはじめ女子刑務所に服役中の5人の囚人が仲間の冤罪を晴らすために団結し、真犯人の男に復讐しようとする物語。満島ひかり(31才)、菅野美穂(40才)ら豪華キャストも話題だが、『あまちゃん』以来4年ぶりにタッグを組んだ小泉はクドカン作品に意欲満々だ。

「台本を読む時は、すごく面白い連載マンガを待っているような気持ちですが、いざ撮影をして完成した作品を見ると、すごく温かさとか悲しみが浮き出てくる魔法のような脚本だと思います」

 脚本家としても俳優としても素通りできない魅力を放ち続けているクドカンだが、その娘もすごかった。

 クドカンは1994年、24才の時に5才年上の振付師・八反田リコと結婚。2005年に生まれたのがかんぱちゃんだった。

「娘さんは1才の時からクドカンさんのドラマを見続けてセリフや動きをマネしていたそうです。2才の時にはお母さんと人気映画のワンシーンを完コピして遊んでいたとか。振付師の奥さんの影響か、ミュージカル映画も小さい頃からよく見ていたみたいですよ」(舞台関係者)

 何も教えられていないのに、小学5年生の時にはコント台本を書いていたというから恐れ入る。親譲りといえばそれまでだが、いったいどうすればこんな才能が育つのか。

「かんぱちゃんが小学生になる前、ウソをつくことを覚えたそうです。そこでクドカンさんは、“ウソはいけないけど、頭ごなしに叱る気になれない。せっかく芽生えた創造力の芽を摘みたくない。一方で、学校に通い始めて虚言癖とか言われたら困る”と言っていました。『人を傷つけるウソはダメだよ』と言うクドカンさんに奥さんは『面白くないウソはダメ!』とビシッと伝えたそうです。宮藤家っぽいな~と思いますね。

 基本的に教育は奥さんまかせで、“ぼくのは『教育』ではなく『観察』。面白いから見てるだけで子供の将来までは考えてない。なんも教えてないです”と言っていますが、その塩梅がちょうどいいんでしょう。仕事場に娘さんを連れて行ったり、愛ある放任主義で、のびのびと育てたんでしょうね」(前出・舞台関係者)

 冒頭の舞台にも出演していたかんぱちゃん。脚本家・演出家としてのみならず、父親譲りの演技力と母親ゆずりのダンスの才能も発揮。彼女の将来が楽しみだ。

※女性セブン2017年11月2日号

あわせて読みたい

「宮藤官九郎」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    1枚1円レジ袋 大量買いの珍風景

    中川 淳一郎

  2. 2

    お嬢様迷惑ツアーに島が自粛要請

    SmartFLASH

  3. 3

    駅前の果物販売は盗品? 投稿話題

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    「経済重視」で経済が回らない訳

    鈴木しんじ

  5. 5

    山手線 中国・韓国語表示消えた?

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    身近に感染者は? 約9割「0人」

    かさこ

  7. 7

    西村大臣「団体旅行など控えて」

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    感染者数に囚われる日本の不思議

    自由人

  9. 9

    ユニクロの策 客をスタッフ勧誘

    文春オンライン

  10. 10

    自粛続く限り追い込まれる飲食店

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。