記事

詩織さん性暴力事件「28年間生きてきた中で最も醜い人権侵害」

リンク先を見る
「会見後は、事件後より苦しい思いになったことは確か。誹謗中傷の声で身の危険を感じることもあった」と吐露する詩織さん。(撮影/宮本有紀)

フリージャーナリストの詩織さんが元TBS記者の山口敬之氏を「準強姦」容疑で訴え逮捕令状が出たにもかかわらず執行されず不起訴になり、その不服申し立てに対しても東京第6検察審査会が9月21日、「不起訴相当」の議決を出した。110年ぶりに大幅改正された刑法性犯罪規定が7月に施行されたが、法律が変わっても、警察や検察、裁判官の意識や対応が変わらなければ意味がない。

被害者の目線で捜査や裁判の問題点を指摘し、システムの改善を求める「性暴力被害当事者を孤立させない」集会が29日、参議院議員会館で行なわれ、議員も含め204人が参加した。

登壇した詩織さんは「現在の司法では私の受けた行為は〈準強姦に値するものではなく犯罪行為ではなかった〉という結果。しかし、私の受けた行為は、28年間生きてきた中で最も醜い人権侵害でした。自分の内側が殺されてしまったようで抜け殻となり生きていかなければならない毎日でした。どのような判断がされようと、私の受けた行為は変わるものではありません」と毅然と発言。また、警察では最初「よくある話で(捜査は)難しい」と被害届を受理されなかったことから「誰にもとりあってもらえなかったら、被害者はどこに助けを求めたらいいのでしょうか」「社会の受け入れ方や捜査の仕方が違うだけで被害者はどれだけ救われることでしょうか」と司法や捜査システムの改善を訴えた。発言後は会場から大きな拍手が起こり、しばらくなりやまなかった。

詩織さん代理人の西廣陽子弁護士は、「不起訴相当」について「犯罪行為がなかった、という意味ではなく、犯罪行為が立証できる証拠が集まらなかったという意味にすぎない。議決理由は明かされていないので開示要求を検討する」と解説。28日、山口氏に対し損害賠償請求訴訟を提起したことを報告した。今後は民事訴訟の場で事件の究明が行なわれる。

(宮本有紀・編集部、10月6日号)

あわせて読みたい

「性的暴行」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    毎晩の営み要求に外国人若妻嘆き

    幻冬舎plus

  2. 2

    バレてる? ポルノサイト閲覧記録

    島田範正

  3. 3

    香港巡り日本が中国に絶妙な指摘

    やまもといちろう

  4. 4

    進次郎氏「デキ婚」に伯母が激怒

    SmartFLASH

  5. 5

    香港デモの対応に困り果てる中国

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    韓国大使に一喝 河野外相を称賛

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  7. 7

    日本中があおり運転に激怒する訳

    PRESIDENT Online

  8. 8

    反日精神を批判する韓国の講義

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  9. 9

    N国「ひとり放送局」詐欺行為か

    文春オンライン

  10. 10

    埼玉県知事選の流れはほぼ決まり

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。