記事

“まっとうな政治”

希望の党の原点は『都民ファースト』で、言葉も注目を集めました。その後、“排除”、“リセット”という言葉がさらに大きく注目されました。

希望の党が失速するなかで、今度は立憲民主党へと関心が移ったかのようにおもいます。枝野代表は必ず『まっとうな政治』の実現を訴えられています。果たしてどういう意味なのでしょうか?

立憲民主党を立ち上げられた中心メンバーといえば、菅直人元首相、枝野幸男さん、福山哲郎さんです。あの3.11の時、正に政治がもとめられていたときにヘリコプターで原発視察をされた元首相。最高指揮官は、つぎつぎと集まる情報から判断や決断をすることが求められており、わからない状況下でヘリコプターを出して見に行くのが仕事ではありません。

そして、それを許し、後押しした官房長官が立憲民主党の枝野代表です。幹事長の福山哲郎参議が、当時の官房副長官です。果たしてあの混乱を煽った行動が“まっとうな政治”なのでしょうか。立憲民主党に一票を託すということは、菅直人政権の再復活を望むことになるのではないでしょうか。

菅政権の外交、安全保障、子ども支援、有事対応などに立ち返りたい、とは、どうしても思えません。

きっと経験がない中で、最大限の頑張りをされていたことと思います。しかしながら、あの時の不安ばかりの混沌とした空気感、雰囲気を思い出すとき政権選択の場である衆議院選挙ではたしかな政治力を見極めなくてはいけない、と強く思うものです。

あわせて読みたい

「立憲民主党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ドラゴンボールが儲かり続ける訳

    fujipon

  2. 2

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  3. 3

    コロナ対策成功は事実 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  5. 5

    元慰安婦団はなぜ内部分裂したか

    文春オンライン

  6. 6

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  7. 7

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  8. 8

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

  9. 9

    元自民議員 安倍政権長く続かず

    早川忠孝

  10. 10

    報ステ視聴率危機? テレ朝に暗雲

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。